« ひとりごと (霜が降りた) | トップページ | ●今度はフタホシヒラタアブ »

2011年12月11日 (日)

●コセンダングサのアブラムシの仲間はユキヤナギアブラムシらしい!

だいぶ前に一度、コセンダングサにアブラムシがいたのに気が付いて、名前を調べてみたけれども分からなかったので、そのままになっていました。
最近になって、まだいることに気が付いて、ムシの数も少ないしブログに掲載して、北のアブラムシさんに問い合わせてみることにしました(^^)。
このブログを見に来てくれる人たちは、皆さん見たことがあるだろうし、もしかしたら名前を知らないのは私だけなのかも知れません。
アブラムシ君たちは、種が違っていても外観が似たのがたくさんいるので、ハチやハエと同じく私にはお手上げです(^^;。
このアブラムシですが、この後どう言う生活をするのか分かりませんが、今までも確か毎年同じ時期に見ていたような気がします。

12月13日追記
フッカーSさんとezo-aphidさんからコメントを頂き、「ユキヤナギアブラムシ」らしいこと(写真だけだと無理があるようです)が分かったので、タイトルと記事の訂正を行いました。
やはり、知らなかったのは私だけだったみたいです(^^;。
フッカーSさん、ezo-aphidさん、ありがとうございました。

アブラムシの仲間 (カメムシ目/アブラムシ科)
アブラムシの仲間_1112101 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F18  ISO200  (撮影:2011.12.10, 港南区芹が谷)

アブラムシの仲間_1112102 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F18  ISO200  (撮影:2011.12.10, 港南区芹が谷)

アブラムシの仲間_1112103 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F18  ISO200  (撮影:2011.12.10, 港南区芹が谷)

アブラムシの仲間_1112104 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F18  ISO200  (撮影:2011.12.10, 港南区芹が谷)

|

« ひとりごと (霜が降りた) | トップページ | ●今度はフタホシヒラタアブ »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
ぱっと見はユキヤナギアブラムシ(Aphis spiraecola)に見えますね。
コセンダングサってキク科でしたっけ。こちらでは11月中旬にレッドロビンの葉裏に付いてたのを見かけましたが、ユキヤナギアブラムシってかーなりの多食性みたいですね。

投稿: フッカーS | 2011年12月11日 (日) 10時50分

問題はあるのですが、とりあえずはユキヤナギアブラムシですね。フッカーSさんの言われる通り、ワタアブラムシと同じくらい多くの植物に見られます。ワタよりは体色変異が狭くて黄色~緑色、頭部が赤っぽくなることが多いと思います。生育盛んな枝先に多く、角状管と尾片が明瞭な黒色、ワックスが少ない、というのも特徴ですね。近所のごく普通種を見分けられると、珍品を見つけやすくなるでしょうね。
この時期に多くの幼虫を産んでるということは、この群は越冬の準備をしない(=胎生虫だけで冬を過ごす)系統だろうと思います。卵越冬は、ミカン類やユキヤナギ類で知られていますので、ここで有翅の雄が羽化すればそちらへ移る準備をしてるのかもしれません。

投稿: ezo-aphid | 2011年12月11日 (日) 12時40分

フッカーSさん、ezo-aphidさん、こんばんは、

ユキヤナギアブラムシですか、あちこちの植物ににいるので取り上げられることが少ないみたいですね!
コセンダングサは、キク科センダングサ属だそうですが、皆さん良く植物のことを知っているのに驚きです(^^;。
おかげさまで、前から気になっていた疑問が一つ解けて良かったです。ありがとうございました。
アブラムシの仲間も、探してみると結構いるようなので、見付けたら撮るようにしていこうと思ってます(^^)。

投稿: そら | 2011年12月11日 (日) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/53450664

この記事へのトラックバック一覧です: ●コセンダングサのアブラムシの仲間はユキヤナギアブラムシらしい!:

« ひとりごと (霜が降りた) | トップページ | ●今度はフタホシヒラタアブ »