« ●ひとりごと (ヒメアカタテハ) | トップページ | ●尾っぽの切れたニホンヤモリ »

2011年11月22日 (火)

●ハエの仲間はナミヒメショウジョウバエらしいです!

写真を撮り始めた頃は、ハエには目もくれませんでしたが、さすがに良く見掛けるムシは大半を撮ったように思えて、ハエも撮るようになってます。
載せる前には、一通り掲載済みの写真を確認しているので、同じのが載ることは無いと思ってますが、「これだったら、前に掲載したのと同じ科だよ!」と言うのは有るだろうと思ってます(^^;。
「そらさんも、虫の写真をかなり撮っているのだから分かんないのかね!」って言われてしまいそうですが、自分でも不思議な位に分からないんですね!
大きさですが、体長約3mmで比較的小柄なハエの部類になると思います。
今回の写真ですが、何か切れが悪い気がしますが、どうも光の加減が良くなかったのかも知れません。
確かに、明るい方がキレイに撮れますが、薄暗いからと言って汚くなる訳でもないので、微妙な光の加減が影響しているみたいですって、言い訳ですね(^^;。

11月25日追記

今回も、ezo-aphidさんからコメントを頂いたので、タイトルと記事の訂正を行いました。
ezo-aphidさん、ありがとうございました。

ナミヒメショウジョウバエ? (ハエ目/ジョウバエ科)
ハエの仲間_1111131 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F16  ISO200  (撮影:2011.11.13, 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1111132 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F16  ISO200  (撮影:2011.11.13, 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1111133 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F16  ISO200  (撮影:2011.11.13, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと (ヒメアカタテハ) | トップページ | ●尾っぽの切れたニホンヤモリ »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。こんどは無弁類ですよね、っと。
でもやっぱり判らないので、ハモグリバエを知ってる友達に質問したら、ショウジョウバエ科(Scaptomyza属あたり)でしょう、とのお返事でした。言われて見ると、触角に生えてる長毛(Aristaという)が羽毛状ですねー。最初にここを見るべきかなぁ。

投稿: ezo-aphid | 2011年11月22日 (火) 13時45分

ezo-aphidさん、こんばんは、

これでもジョウバエ科なのですか、私には見当も付きませんでしたが、でも見る人が見れば分かるものなのですね!
私の検索表だと、最初に顔付きを見て、次に全体のスタイルを確認して、最後にお肌の色合いの確認かな~(^^;。
んなことやっているから、いつまで経っても科の名前さえ分からないんですね!
前に、シマバエ簡易識別法をアーチャーンさんから教わりましたが、シマバエじゃなかったらどうすれば良いんだろうか(^^)。

投稿: そら | 2011年11月22日 (火) 21時40分

じつはー・・・・・、ナミヒメショウジョウバエScaptomyza graminum だろう、とまで言われたのですが、「日本ショウジョウバエデータベース」の画像があまり鮮明でなく確認しにくかったのでー・・・。「 diptera.info 」のサイトで雌の画像を見たらとってもよく似てます。

投稿: ezo-aphid | 2011年11月22日 (火) 22時42分

Scaptomyza graminum + diptera.info で検索して見てきましたが、確かによく似ていますね。海外のサイトなので、リンクして良いのか分かりませんがアドレス貼っておきます。
http://diptera.info/photogallery.php?photo_id=5742

しかし、専門家の方だと写真を見ただけで分かるなんて、ヤッパリ凄いです(^^;。

投稿: そら | 2011年11月22日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/53292191

この記事へのトラックバック一覧です: ●ハエの仲間はナミヒメショウジョウバエらしいです!:

« ●ひとりごと (ヒメアカタテハ) | トップページ | ●尾っぽの切れたニホンヤモリ »