« ●アブラススキヒゲナガアブラムシ | トップページ | ●初めてのヨモギヒメヨコバイ »

2011年11月17日 (木)

●メガネドヨウグモなのかな?

例によって何の葉っぱだったか忘れてしまいましたが、ひっくり返したらクモがいたので撮りました。
クモの仲間も、似たのが多くて科を探すので苦労していますが、今回も色々と探した結果メガネドヨウグモが近いと言うことになりましたが、絵合わせだと何とくシックリ来てません。
でも、「攻めの姿勢」も大事だと教わったので、タイトルの方にはメガネドヨウグモを入れてみました(^^;。
クモも、ムシと同じように撮影対象になっていますが、目立つところにいる大型のクモを除くと、比較的小さいクモが多いようで思ったほど見つかっていません。
この場所には、クモの種類が少ないのか、私が未熟で見つけきれていないのかは分かりませんが、たまには形の変わったヒメグモの仲間なんかも見てみたいものです(^^)。
でも、本当は赤い色のトリノフンダマシを見てみたいのでした!

メガネドヨウグモ? (クモ目/アシナガグモ科)
ドヨウグモの仲間_1111051 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F16  ISO200  (撮影:2011.11.05, 港南区芹が谷)

ドヨウグモの仲間_1111052 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F16  ISO200  (撮影:2011.11.05, 港南区芹が谷)

ドヨウグモの仲間_1111053 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F16  ISO200  (撮影:2011.11.05, 港南区芹が谷)

|

« ●アブラススキヒゲナガアブラムシ | トップページ | ●初めてのヨモギヒメヨコバイ »

クモ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
おそらくメガネドヨウグモで合ってると思います。メスの幼体ではないでしょうか。近くに水辺はありませんでしたか?

クモの類は、場所もそうですが、高さによっても生息する種類が変わるので、探す目線の高さを変えると意外と新しい顔を見つけやすいかも。まあ、土中から樹皮裏、水中、落葉下、屋内など、クモはあらゆる場所に居ますから、今まであまり探さなかった場所を探せば、何らかのクモは見つかるでしょう(笑)。ヒメグモ類はけっこう樹木周辺が多い気がします。

投稿: フッカーS | 2011年11月17日 (木) 13時14分

フッカーSさん、こんばんは、

残念ながら、近くには水辺が無いのですが、メガネドヨウグモは池の近くに生息するようですね。
クモも、幼体だと成体と模様が違っていたりして、本当に分かり難いです。
今年は、クモを探す目の位置を変えて、未だ会ったことのないのを探してみようかと思います(^^)。

投稿: そら | 2011年11月17日 (木) 21時21分

ソラさま

突然のコメント失礼致します。
私テレビ番組を担当しております前夷と申します。
この度はソラさんに一点相談がございましてコメントを書かせて頂いております。

現在私の担当している番組内にて、「極小動物」という企画がございます。そのVTR終わりのスタジオトークで、ゲストの方から昆虫界で一番小さい昆虫は「ホソハネコバチ」であるという話が出てまいります。
その際、参考画像としてソラさんが2011年の4月6日に掲載されていらっしゃる「ホソハネコバチ」の画像を是非番組内で使わせていただけないでしょうか。

また、こちらの番組の放送日が来週22日と大変差し迫っておりまして、編集の期日が目前となっております。
ソラさんがこちらのコメントをご覧になられた際、画像使用に対してYES/NO、どちらでもお答えをメールにてお教えいただけますと幸いです。
お忙しい中大変恐縮ですが、是非前向きなご検討を何卒よろしくお願い申し上げます。

※ご不明な点がございましたら、お手数ですがメール頂けますと幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

投稿: maeebisu | 2011年11月17日 (木) 21時37分

maeebisuさん、こんばんは、

メールを入れておきましたが、使用して頂いて問題有りません(^^)。

投稿: そら | 2011年11月17日 (木) 21時56分

おお、凄い凄い!
放送日と番組名が分かったら教えてください。絶対に見ますー!
動物を取り上げる番組は多いけど、虫を取り上げる番組は少ないので、虫の番組がやるんだったらもうそれだけで逃したくはないです(笑)。

投稿: フッカーS | 2011年11月17日 (木) 22時23分

フッカーSさん、こんばんは、

メールで次の内容の連絡がありました(^^)。

 TBSテレビ「教科書にのせたい!」
 放送日時 11月22日19:56分(予定)

テレビに使う写真ですから、ほんの一瞬でしょうが(^^;。

投稿: そら | 2011年11月17日 (木) 23時03分

こんばんは。
確かに現在知られている最小の昆虫はホソハネコバチ科の一種のようですね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Dicopomorpha_echmepterygis
体長0.139mmで、チャタテムシさんの卵に寄生するとか。
そらさんが撮影されたのは体長1.1mmとはるかに大きな別種なのですが、maeebisuさんはどのように紹介するのでしょうねぇ。

投稿: Hepota | 2011年11月18日 (金) 21時06分

Hepotaさん、こんばんは、

「ホソハネコバチ科の仲間として、こんなのもいるよ」と言うことで参考に使用するようですが、その先は???、さて、どうするのでしょうね(^^;。

体長0.139mmのハチがいるというのも驚きですね、この大きさだと仮にめくった葉の上にいたとしても、気が付かないでしょうね(^^)。

投稿: そら | 2011年11月18日 (金) 21時28分

ふーん、コスタリカ産の無眼・無翅の雄ですかー。寄主はなんと、おちゃたてむしさんが掲載したばかりのビロウドチャタテ科、Echmepteryx の卵とのこと。卵内で姉妹と交尾して一生を終えるんですね(日本にいても見つかるかなぁ)。   お二人の画像がセット出演になれば面白いです。

投稿: ezo-aphid | 2011年11月18日 (金) 21時38分

ezo-aphidさん、こんばんは、

昆虫界で一番小さい昆虫は「ホソハネコバチ」→ ホソハネコバチの写真で検索 → 色々と見て、多分大きな画像のあるところ → このブログ と来たような気がします。
時間がなかったので、取り敢えず「ホソハネコバチ」→「ホソハネコバチ科の写真」となったのではないかと(^^;。

「昆虫の写真を扱ったブログ」の特集でもやってくれたら、みんなで揃って紹介してもらえるのにねぇ(^^)。

Dicopomorphaの仲間は、面白い翅の形をしてるのですね!。もうチョッと大きかったら見てみたいのですが、いくら何でも小さすぎます。

投稿: そら | 2011年11月18日 (金) 22時50分

日本だと、体長およそ0.18ミリのアザミウマ類の卵寄生バチが最小みたいですね。

http://www.afftis.or.jp/konchu/mushi/mushi74.htm

投稿: フッカーS | 2011年11月19日 (土) 16時41分

フッカーSさん、こんばんは、

喜んでいたら、Hepotaが心配されていたことが当たったようで、「別の写真を使用することになった」と連絡がありました。まあ、世の中こんなものでしょうが(^^;。

でも、世の中の最小昆虫がハチだと言うことも知ることができたし、その画像も検索して見ることができました。
自分では、満足に写真に撮ることもできないでしょうが、アザミウマタマゴバチと言うのも見てみたいですね(^^)。

投稿: そら | 2011年11月19日 (土) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/53175287

この記事へのトラックバック一覧です: ●メガネドヨウグモなのかな?:

« ●アブラススキヒゲナガアブラムシ | トップページ | ●初めてのヨモギヒメヨコバイ »