« ●ひとりごと(クサグモ) | トップページ | ●ハラビロカマキリ »

2011年10月24日 (月)

●アブラバチの仲間が出てきた

先日掲載した繭は、ezo-aphidさんからアブラバチ科の仲間の繭だとのコメントを頂き、その日のうちに「繭のお持ち帰り作戦」を決行して3個ほど持ち帰りました(^^;。
持ち帰った繭ですが、剥がして繭だけ持ってきたので、適当な枝の切れ端に卵の白身(動物性の接着剤ですね)で固定しておきました(^^;。
そのうちの1個が金曜日に羽化していて、会社から帰って繭の入った容器を覗いてみたら小さなハチが1匹止まってました。
体長は約4.8mmで、なかなか丸顔の可愛いハチですが、寄生するアブラムシの大きさから考えるとチョッと大きな気もしました。 お腹の先に産卵管が見えないので、オスだと思いますがどうなのでしょうか(^^;。
ペットボトルの底を切り取って被せておいたので、容器に入ったままそこから覗き込む形で撮りましたが、撮れる角度が限定されてしまうので希望のアングルで撮れませんでした。
最初、金曜日の夜に部屋の中で撮影したのですが、昼間の方がキレイに撮れるので、翌日の朝に撮り直しをしてからハチ君は解放されたのでした(^^)。

アブラバチの仲間 (ハチ目/コマユバチ科)
アブラバチの仲間_1110221 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F16  ISO200  (撮影:2011.10.22, 港南区芹が谷)

アブラバチの仲間_1110222 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO200  (撮影:2011.10.22, 港南区芹が谷)

アブラバチの仲間_1110223 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.3  F16  ISO200  (撮影:2011.10.22, 港南区芹が谷)

空っぽになった繭
アブラバチの仲間_1110224 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS5.0  F18  ISO200  (撮影:2011.10.22, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(クサグモ) | トップページ | ●ハラビロカマキリ »

ハチ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
アブラバチとしては大型で、とても強そうですねー。アリの番兵と遭遇もするでしょうから、当然なのかも。前にご紹介した報文に写真が載っており、翅の曇りもよくあってます。雌の尾端も短いようなのですが、触角の節数が多いので、お見立ての通り雄でしょう。単眼部が黒いので、まるで「三つ目」のようですなぁ。

投稿: ezo-aphid | 2011年10月24日 (月) 10時38分

ezo-aphidさん、こんにちは!
今回は逃げられることもなく、無事羽化した成虫を見ることが出来ました(^^;。
コマユバチの仲間特有(だと私は思っている)の丸顔が、なかなか良いです。
実は、最後の繭の写真の隣に、あと二個の繭があるのですが、今のところ出てくる気配無しです(^^)

紹介頂いた報文は見ましたが、Protaphidius nawaiiで検索しても画像が全然出てこないので、タイトルを「アブラバチの仲間(Protaphidius nawaii)…」としようと思ってます。

三つ目と言えば、手塚治虫の漫画に「三つ目が通る」なんてのが有りましたね(^^)。

投稿: そら | 2011年10月24日 (月) 12時55分

このアブラバチは、1901年岐阜産の標本(名和靖採集)で新種記載されたものですが、80年ぶりに京都で採れた事例がその報文なんですねー。ですからネットで見つからず、和名がなさそうなのもしかたないようです。これら以外の産地は未報告ですが、昨年宇都宮のクヌギクチナガに寄生したもの、この横浜でヤノクチナガに寄生を加えると、関東にも普通にいることがわかります。    ・・・・三つ目君は丸顔で、超能力がありましたね。

投稿: ezo-aphid | 2011年10月24日 (月) 15時05分

ごく普通の種でも、あまり表に出てこない種た撮れて、しかも解説までもらえて、とてもラッキーでした。
コメントがなければ、ただの小さなハチの仲間で終わってましたが、何だか写真の価値が一気に上がった気がします(^^)。

追伸、
次の情報が見付かりました。
Protaphidius Ashmead, 1900
  Coelonotus Förster, 1862 [homonym]
  Menozzia Goidanich, 1934
  nawaii (Ashmead, 1906) (Aclitus) オオアリマキヤドリバチ
http://himebati.jimdo.com/%E5%AF%84%E7%94%9F%E8%9C%82%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A8%E7%89%B9%E5%BE%B4-%E5%86%99%E7%9C%9F/%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%A6%E3%83%90%E3%83%81%E7%A7%91-braconidae/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%81%E4%BA%9C%E7%A7%91-aphidiinae/

投稿: そら | 2011年10月24日 (月) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/53057360

この記事へのトラックバック一覧です: ●アブラバチの仲間が出てきた:

« ●ひとりごと(クサグモ) | トップページ | ●ハラビロカマキリ »