« ●アズチグモ斑紋型に会えた | トップページ | ●ひとりごと(ササキリの幼虫) »

2011年8月30日 (火)

●アカボシゴマダラの幼虫

エノキの葉の上に乗っていた3齢か4齢幼虫だろうと思いますが、ジッとしているとチョッと実だと実のがしてしまいそうです。
ここにも比較的多く生息していそうなのですが、その割には幼虫の姿を見掛けないのは、たぶん私の探し方が良くないからなのでしょう(^^;。
毛虫とイモムシは嫌いなのでほとんど撮りませんが、チョウの幼虫は「毛虫でもイモムシでも無い!」ので、見つければ撮るようにしています。
差別だと言われれば、確かに差別かも知れませんが、好きになれないものは仕方ないですよね(^^)。
本当は、顔を上げて欲しかったのですが、このときは夕方に近く薄暗くなり始めていたのと午後からの二度目の出陣で疲れていたので、そのままにして帰りました。
本当は、チョッと突っついてみて顔を上げるか試してみれば良かったのですが、そんなことすると「虐待行為だ!」と批判が来そうなので止めました(^^)。

アカボシゴマダラ (チョウ目/タテハチョウ科)
アカボシゴマダラ_1108281 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F18  ISO200  (撮影:2011.08.27, 港南区芹が谷)

アカボシゴマダラ_1108282 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS4.0  F18  ISO200  (撮影:2011.08.27, 港南区芹が谷)

アカボシゴマダラ_1108283 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F18  ISO200  (撮影:2011.08.27, 港南区芹が谷)

|

« ●アズチグモ斑紋型に会えた | トップページ | ●ひとりごと(ササキリの幼虫) »

チョウ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
ちょっと触れて顔を上げてもらうくらいで「虐待行為だ!」ってことは無いと思いますよ(笑)。そんな事言ったら、カブトムシとか採集したら「拉致監禁だー!」と言われ、標本を作ったら「虐殺行為だー!」と言われちゃいます。ここはポジティブに、「スキンシップ」だと思えば良いのではないでしょうか。
この世は因果応報で、虫でも何でも相手に対して悪いことをすれば同じ大きさだけ自分も悪い目に遭うと思ってますので、自分に災難が起こってないということは虫に対しても悪い事はしてないと考えるようにしてます。もちろん、人も虫も、命の大きさや存在意義は同じです(たぶん)。

投稿: フッカーS | 2011年8月30日 (火) 13時38分

こんにちは。
こちらのゴマダラチョウの幼虫たちは、暑い時は上半身を上げていて、お顔がよく見えます。
そういえば、アカボシの幼虫で、自然態で上半身を上げているのは見たことがなかったかもしれません。

投稿: 夏子 | 2011年8月30日 (火) 18時52分

フッカーSさん、こんばんは!

全然気にしてませんでしたが、この線でいくと昆虫採集じゃなくて昆虫拉致になってしまうし、ペアの写真を撮っていて、ペア解消なんかは大変な行為になってしまう訳ですか。
アゲハの幼虫を指でなでてツノを出すくらいはスキンシップで、でも枝で突っついたらいじめになるのかな(^^;。
まあ、ムシが好きだから写真に撮ってる訳だし、その分チョッとは気を遣っていたりもするしな。
次回からは、もっと積極的にスキンシップに励むことにします(^^)。

投稿: そら | 2011年8月30日 (火) 21時01分

夏子さん、こんばんは、お久しぶりです、お待ちしてました(^^)。

もしかしたら、休んでいるときの微妙な違いも生存率に影響しているのかも知れませんね。
ゴマダラチョウは見たことがないけれども、トリノフンダマシの方が絶対に見たいです(^^;。

投稿: そら | 2011年8月30日 (火) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/52590747

この記事へのトラックバック一覧です: ●アカボシゴマダラの幼虫:

« ●アズチグモ斑紋型に会えた | トップページ | ●ひとりごと(ササキリの幼虫) »