« ●ツマグロキンバエ | トップページ | ●アカガネサルハムシを再び »

2011年7月25日 (月)

●ひとりごと(イボバッタの幼虫)

土曜日は、台風の影響の雨のおかげで草木にも雨水の潤いがあって、気温もあまり上がらず虫撮りに条件としては比較的良かったです。
日曜日も、同じような感じかと思って出かけてみたら、土曜日に比較した風がなかったのは良かったのですが、虫の方は意外に見つからずに苦戦してしましました。
7時半過ぎに、お友達の芝ワンコの飼い主さんから電話が来て、虫の出も良くなかったので海に行くことにしました。
本当は、大潮でお昼頃に引き潮のはずだったのですが、昼を過ぎてもいっこうに潮は引かず、楽しみにしていた磯の探索はできませんでした。どうやら、一週間潮の満ち引きを間違えていたようです(^^;。

何で、バッタが二匹で睨めっこしているのかと思ったら、脱皮した自分の抜け殻を対面しているだけでした。 肉眼だと、細かなところまでよく見えないので、虫以外のものが虫に見えたりと、虫撮りもなかなか大変ですね(^^;。

イボバッタ (バッタ目/バッタ科)
Battanonakama_1107241 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1/8  F18  ISO200  (撮影:2011.07.09, 港南区芹が谷)

|

« ●ツマグロキンバエ | トップページ | ●アカガネサルハムシを再び »

バッタ」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●ひとりごと(イボバッタの幼虫):

« ●ツマグロキンバエ | トップページ | ●アカガネサルハムシを再び »