« ●ウスバカゲロウ | トップページ | ●トラフカミキリには三年ぶりです! »

2011年7月20日 (水)

●これもアシナガバエの仲間かな

ちょっと前の7月10日に掲載した、アシナガバエ科の仲間と触覚以外は似ているので、オスとメスの違いなのでしょうか?
全体的にはよく似ていますが、良く見るとこっちは脚に毛が生えてなかったりと、微妙な違いもあるようです(^^;。
この場所も、木陰になっている建物の側面で、一日中日が当たることはないので薄暗い感じですが、直ぐ近くは雑木林になっています。
おなじみの壁よりは虫の数も種類も少ないですが、それなりに虫たちが壁に止まって休んでいたりします。
このハエも、最初は気が付きませんでしたが、少し明るい場所で見ると体の色が水色の結構キレイな色をしてました(^^)。
それにしても、何かぱっとしない虫ばかりで、やはり暑さで虫の出が良くないのでしょうか???。

7月23日追記
アーチャーンさんから、「壁や樹の幹などの垂直面に体を反り返る様にして上向きに留まっていること、全体の姿、翅脈、胸部の刺毛などから、Medetera属だと思います」とのコメントを頂きましたので、記事の追加訂正を行いました。
アーチャーンさん、毎度ありがとうございます。

アシナガバエの仲間 (ハエ目/アシナガバエ科)
ハエの仲間_1107161 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.5  F14  ISO200  (撮影:2011.07.10, 港南区芹が谷)

アシナガバエの仲間_1107162 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F14  ISO200  (撮影:2011.07.10, 港南区芹が谷)

光が当たると水色がキレイ!
アシナガバエの仲間_1107163 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.5  F14  ISO200  (撮影:2011.07.10, 港南区芹が谷)

上の脚の部分の拡大写真です!
アシナガバエの仲間_1107164

|

« ●ウスバカゲロウ | トップページ | ●トラフカミキリには三年ぶりです! »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
 最近、アシナガバエに凝っているアーチャーンです。
 壁や樹の幹などの垂直面に体を反り返る様にして上向きに留まっていること、全体の姿、翅脈、胸部の刺毛などから、Medetera属だと思います。
 新北区のmanualですと、後脚の基節に刺毛があることになっています。お写真を見ると刺毛がありますが、後脚の基節から生じているのか、中脚の腿節からなのか良く分かりません。原画ではどうでしょうか。
 尚、Medeteraは普通は地味な色をしているのが普通なのですが、Dipetra infoの写真を見ると、暗青色の腹部を持つ種も居る様です。

投稿: アーチャーン | 2011年7月21日 (木) 10時30分

アーチャーンさん、こんばんは、

いつも、コメントを頂きありがとうございます。
念のために、脚の部分を等倍に拡大した写真を追加しておきますが、刺毛は中脚から生えていました。となると、別の種なのかな?
ここまで、細かな部分まで観察されていると、いろいろな角度からたくさんの写真を撮っておかないと、あとで質問されたときに困ってしまいそうです(^^)。
本当は、ストロボを炊いた写真も撮っておくと、細部がシッカリ見えて良いのでしょうね!

投稿: そら | 2011年7月21日 (木) 22時18分

私の勘違いで、改めて確認した結果、アーチャーンさんのお見立て通り「白い刺毛は後基節から出ていること」が確認できました。
これで、Medetera属と言うことで良いのだと思います。
チャーンさん、ありがとうございました!

投稿: そら | 2011年7月22日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/52224273

この記事へのトラックバック一覧です: ●これもアシナガバエの仲間かな:

« ●ウスバカゲロウ | トップページ | ●トラフカミキリには三年ぶりです! »