« ●ひとりごと | トップページ | ●アザミウマ科の仲間 »

2011年4月 4日 (月)

●マンションで見つけたアミカではなくカバエ科の仲間

マンションの廊下にも、結構虫がやってきて天応や壁の側面に止まっていることがあります。夜、全ての会の廊下を散策すれば、それなりの収穫が得られる確率は高いのですが、不審者と間違われそうなので最近は行ってません(^^)。
今回のは、裏にカメラを持って出掛けるときに見つけたのを撮ったものですが、撮ったときは目玉が大きかったのでケバエの仲間だと思ってました。
帰ってから良く見たら翅に模様があったので、ケバエではないと言うことになり最終的に見つけたアミカ科の仲間に落ち着きました。
体長は約4.6mmで、大きさとしては私が撮る分には、最低ラインをクリアしているので助かりました。

土日に弾を仕込めなかったので、今週はチョッと辛いですね(^^;。

4月5日追記
Aclerisさんから、「アミカではなく、カバエ科の仲間ですね。・・・Sylvicola属なのは間違いないと思います。」とのコメントを頂けましので、確認してタイトルと記事の追加訂正を行いました。
Aclerisさん、ありがとうございました。
今回は、大丈夫かと思っていたのですが、なかなか思うようにいかず恥ずかしいです(^^;。

アミカカバエ科の仲間 (ハエ目/カバエ科)
カバエ科の仲間_1103271 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F14  ISO200  (撮影:2011.03.26, 港南区芹が谷)

カバエ科の仲間_1103272 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS8.0  F18  ISO200  (撮影:2011.03.26, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと | トップページ | ●アザミウマ科の仲間 »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コンニチワ。
アミカではなく、カバエ科の仲間ですね。
マダラカバエに近いものだと思いますが、
未記載種が多いので別種かも知れません。
いずれにせよ、Sylvicola属なのは間違いないと思います。
ハエ類の掲示板「一寸のハエにも五分の大和魂」で、カバエで検索されると詳しい解説が見られると思います。

投稿: Acleris | 2011年4月 5日 (火) 00時12分

Aclerisさん、こんにちは。

カバエ科ですか、最初にアミカ科に出会ったので、似ていると言うことでアミカ科になってしまいました。
帰ってから良く確認して、恥ずかしいので早めに訂正することにします(^^;。マイナーなムシは、本当にダメですね!
ありがとうございました。

投稿: そら | 2011年4月 5日 (火) 12時32分

おしかったですねー、たぶん図鑑の同じページに載ってたのだろうと思いますよ。
「田中川 カバエ」と検索すると、2種類のカバエ属の画像と、Aclerisさんのご紹介と同内容の記事が見られます。それによると、これはマダラカバエとなるようですね。

投稿: ezo-aphid | 2011年4月 6日 (水) 09時49分

ezo-aphidさん、こんにちは。

ハイ、チョッと残念でしたが、目一杯頑張った結果では無いので「私の実力はこんな物かな」と諦めています(^^;。
でも、色々な方からコメントを頂けるので、とても参考になり助かってます。
マダラカバエですね、後で追記させて頂きます。ありがとうございました。

投稿: そら | 2011年4月 6日 (水) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/51232333

この記事へのトラックバック一覧です: ●マンションで見つけたアミカではなくカバエ科の仲間:

« ●ひとりごと | トップページ | ●アザミウマ科の仲間 »