« ●初めてのフユシャクの♀はクロテンフユシャク | トップページ | ●樹皮の下のヤドリノミゾウムシだそうです! »

2011年3月 5日 (土)

●ダニの仲間だったんですね

いつもお邪魔している「どっこい生きてる(フッカーSさん)」に、ウズタカダニの話が出てましたが、これって私がクモの幼体だとばかり思っていたのと同じでした。コメントを書いてみたら、私の撮った写真も見てみたいとのことでしたので、保留ホルダーから取り出してきました(^^;。
大きさも、体長約1.3mmと小さいし、色も地味だし、ダニの仲間はジッとしてないし、出来の良い写真ではありませんが、横浜のウズタカダニも見てやって下さい。
しかし、どこで勘違いしたか「ダニは虫の仲間」だと言う認識でいて、こいつの脚が8本だったのでダニだとは全然思いませんでした(^^)。

3月6日追記
フッカーSさんによると、背中に背負っている巻き貝のように見えるのは「脱いだ脱皮殻が層になったもの」だそうです。そのほかの情報は、コメント欄を読んで頂けると記載されています。

ウズタカダニの仲間 (ダニ目/ウズタカダニ科)ウズタカダニの仲間_1103031 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm接写リング
SS2.0  F--  ISO200  (撮影:2011.02.20, 港南区芹が谷)

ウズタカダニの仲間_1103032 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm接写リング
SS3.2  F--  ISO200  (撮影:2011.02.20, 港南区芹が谷)

ウズタカダニの仲間_1103033 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm接写リング
SS2.5  F--  ISO200  (撮影:2011.02.20, 港南区芹が谷)

オマケで5日に撮ったのを1枚
ウズタカダニの仲間_1103061 α700 24mm/F2.8 リバース + 20mm + 36mm接写リング
SS5.0  F--  ISO200  (撮影:2011.03.05, 港南区芹が谷)

|

« ●初めてのフユシャクの♀はクロテンフユシャク | トップページ | ●樹皮の下のヤドリノミゾウムシだそうです! »

クモ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
うっひゃぁあ!やっぱ、凄いですね。胴感盃からのびる白い胴感毛(Sensillus)もちゃんと写ってる!!頭胸部にあるフジツボの口みたいなところから出てる微細な触角のようなやつです。この部分が、台所の洗浄道具などに使う簓(ささら)に似ていることから「ササラ・ダニ」となったのです。脚の付節にあるヘラ状毛も写ってるし・・・・・これだけ撮れれば充分ですよ(笑)。

こうして見比べてみると、やはり都内のと横浜のは、同種っぽいですね。ヒラタウズタカダニにあるはずの、お尻の後端毛が見えませんから、やはりNeoliodes属という推測は正解だったかも。

投稿: フッカーS | 2011年3月 5日 (土) 16時26分

フッカーSさん、こんばんは!

お役に立って良かったし、ササラダニについて色々と分かって良かったです(^^;。
今日も、例のリバースレンズで撮ってみましたが、どうも私の機材の限界みたいで、大して解像度は上がりませんでした。やはり、チョット小さすぎますね!
しかし、何でダニが巻き貝を背負っているのかな(^^)。


投稿: そら | 2011年3月 5日 (土) 20時49分

確かに巻き貝っぽく見えますね。これは単に脱いだ脱皮殻が層になっているだけです。最上部の一番小さい径の殻が最初の脱皮殻、下に行くにつれて新しい脱皮殻・・・ということで、上画像の個体は少なくとも3回は脱皮してるということですね。幼虫は4齢までで、次が成虫になります。私は自宅で撮った個体の画像を見ると、殻は2重しか重なってませんでしたので、あれは2齢幼虫ということになります。脱いだ殻をそのまま背負うササラダニ類はけっこういるそうです。
そういえば、カメノコハムシの幼虫なんかも脱いだ殻をそのままくっつけて、マトリョーシカみたいな格好になってますよね(笑)。

投稿: フッカーS | 2011年3月 6日 (日) 00時06分

フッカーSさん、おはようございます。

なるほど、そう言うことだったんですか、で最後までこの形のままなのでしょうか?
昨日撮った写真の中に、もう少しましなのがあったので1枚使いしておきました。「胴感毛(Sensillus)」何て気にしてなかったから、意外にきれいに写ってませんでした(^^;。

投稿: そら | 2011年3月 6日 (日) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●ダニの仲間だったんですね:

« ●初めてのフユシャクの♀はクロテンフユシャク | トップページ | ●樹皮の下のヤドリノミゾウムシだそうです! »