« ●ひとりごと(キハダカニグモ) | トップページ | ●小っこくてカラフルなツヤコバチ科の仲間 »

2011年3月22日 (火)

●久しぶりのヒメコバチの仲間

ヒメコバチ君たちは、これからがお仕事の本番なのでしょうから、まだまだ見たことがない種がいても不思議ではないでしょう。
今回久しぶりに見つけたヒメコバチは体長が約1.8mmと、比較的小さい方の部類になります。体の色が、チョッとメタリックな感じなのですが、もう少し明るい色だったら良かったのですね(^^;。
ストロボも使用してみてますが、まだまだ光の当て方のコントロールが良くないので、思ったような感じに撮れません。こればかりは、経験を積まないとダメみたいなので、少しずつ練習をしてこうかなって思ったりしてます
でも、もう少し大きな虫が出だせば、ストロボ無しでも見られる写真になるので、きっと使わなくなってしまうんでしょうね(^^)。

3月27日追記
ezo-aphidさんから、先生による「ヒメコバチ科 Eulophinae 亜科の Elachertus 属の種です。この属の特徴の一つである小盾板の縦線が(2対の剛毛のすぐ内側に)かすかに見えます。」とのコメントを頂けたので、記事の追加・訂正を行いました。
ありがとうございました。

ヒメコバチの仲間 (ハチ目/ヒメコバチ科)
ヒメコバチの仲間_1103124 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.6  F16  ISO200  (撮影:2011.03.12, 港南区芹が谷)

ヒメコバチの仲間_1103125 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX + ストロボ
SS1/125  F16  ISO200  (撮影:2011.03.12, 港南区芹が谷)

ヒメコバチの仲間_1103126 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.4  F16  ISO200  (撮影:2011.03.12, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(キハダカニグモ) | トップページ | ●小っこくてカラフルなツヤコバチ科の仲間 »

ハチ(コバチの仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

3枚目で、前脚のふ節が5節に見えませんか?
 先生に伺ったところ、「これは4節なのですが、最後の節が長いために2つに見えるのでしょう」とのことでした。結局は、「ヒメコバチ科 Eulophinae 亜科の Elachertus 属の種です。この属の特徴の一つである小盾板の縦線が(2対の剛毛のすぐ内側に)かすかに見えます。」とのご説明を頂きました。

投稿: ezo-aphid | 2011年3月24日 (木) 22時17分

わーっ、凄いところまで見ているんですね!
まとめてコメント頂けて、ありがとうございました。土日に、一通り再確認して記事の変更と追加をまとめて行うようにします。
お彼岸も過ぎたのに、ちっとも暖かくならないので、この土日もコバチの散策を兼ねて葉の裏をめくり歩くことになりそうです(^^)。

投稿: そら | 2011年3月24日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/51138652

この記事へのトラックバック一覧です: ●久しぶりのヒメコバチの仲間:

« ●ひとりごと(キハダカニグモ) | トップページ | ●小っこくてカラフルなツヤコバチ科の仲間 »