« ●まだまだいるヒメコバチの仲間 | トップページ | ●チャバネアオカメムシ_秋型 »

2011年2月25日 (金)

●ひとりごと

逆付け(リバース)レンズに交換してヒメコバチを撮っていたら、近くにコイツが止まったので撮ることにしました。
取り敢えず、逆付け(リバース)レンズのままで撮影してみましたが、チョッと大きすぎたようですが、撮るだけ撮ってカメラを交換する前に飛び立たれてしまいました(^^;。 逆付け(リバース)レンズは固定焦点距離(ピントが合うのは1箇所の距離だけ)なので、大きさを変えて撮ることができないのです。
見た感じだと、キノコバエの仲間ではないかと思うのですが、これまた根拠は無しです。

その逆付け(リバース)レンズですが、今回はテレコンの代わりに接写リングを入れてみて、写り具合を試してみました(別のブログでコメントの返事を頂いたので!)。
テレコンの時よりも、何となく写りは良いかなって気がしますが、まだ比較をしてみてないので詳細は分かりません。
体長約4mmの虫が、これだけの大きさに撮れれば、コントラストの低下はありますが先ずは合格と言えるでしょうか(^^)。
写りに関しては、倍率が上がると被写界深度が浅くなるので、それを補うために絞るのが良くないのか、大きさに比例して解像度が上がってない気がします。
後は、ストロボを使用することで、もう少しスッキリした写真になるかも確認してみたいです。
その前に、もっとソフトなストロボ光にする対策が必要でしょうね(^^;。

キノコバエの仲間? (ハエ目/???科)
キノコバエの仲間?_1102211 α700 24mm/F2.8 逆付け + 接写リング36mm
SS2.5  F--  ISO200  (撮影:2011.02.20, 港南区芹が谷)

キノコバエの仲間?_1102212 α700 24mm/F2.8 逆付け + 接写リング36mm
SS3.2  F--  ISO200  (撮影:2011.02.20, 港南区芹が谷)

キノコバエの仲間?_1102213 α700 24mm/F2.8 逆付け + 接写リング36mm
SS3.0  F--  ISO200  (撮影:2011.02.20, 港南区芹が谷)

|

« ●まだまだいるヒメコバチの仲間 | トップページ | ●チャバネアオカメムシ_秋型 »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

この仲間のハエは今やっている材採集でも出てきます。
それにしても凄いドアップですね。僕も今ドアップに挑戦してるけどなかなか納得のいく写真が撮れず苦戦中ですsad

投稿: マイマイ | 2011年2月25日 (金) 14時04分

何となく、コレ↓に似てますね。

http://diptera.jp/usr/local/bin/perl/dipbbs/joyful.cgi?list=pickup&num=4299

私もおそらく同種と思われる個体を撮ってますが、種類までははっきり分からないので、とりあえず「Leia属の一種」としてファイルしております。もしこちらで撮ったものと同じなら、東京都の目録にはフタスジエナガキノコバエ Leia bilineata とシリアゲエナガキノコバエ Leia pilosa の2種が記録されてますのでそのどちらかってことになりますが、同一種ではない可能性もありますので何とも・・・・・。

投稿: フッカーS | 2011年2月25日 (金) 19時34分

マイマイさん、お久しぶりです。

キノコの生えそうな環境があれば、似たようなのはお気かと思います。
一眼レフだと、色々とレンズを交換したりして楽しめますが、その分余計なものが欲しくなって出費が増えますよ(^^;。
いろいろと、挑戦されると面白いと思います!

投稿: そら | 2011年2月25日 (金) 20時37分

フッカーSさん、こんばんは!

リンク先の写真を見ましたが、確かに良く似ていますね。 ただ、今回は試し撮りの最中だったので、背上からの写真が無いのが敗因ですね(^^;。
東京と横浜だったら、同一種の可能性が大きいでしょうね。
私の方は、まあキノコバエで合っていたので良しとします(^^)。

投稿: そら | 2011年2月25日 (金) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/50936188

この記事へのトラックバック一覧です: ●ひとりごと:

« ●まだまだいるヒメコバチの仲間 | トップページ | ●チャバネアオカメムシ_秋型 »