« ●マガモのオス | トップページ | ●アオジ再び »

2011年2月 5日 (土)

●オオイエバエ?

普段は撮ることが少ないハエですが、冬場の虫の少ないときには貴重な獲物となることもあります。
杉の木の皮をめくってみたら、2匹ほどいましたが逃げなかった1匹の方を撮ることになりました。
久しぶりに大きなのに会えたと思ったらハエだったのですが、「ヤッパリ大きな虫は良いな~」って、つくづく思ってしまいました(^^)。
同じハエの仲間でもアブだと全然気にならないのは、色合いだけでなく体に生えている毛のせいなのかも知れません(少なくとも私にとっては)。
全身、体の割には太くて長い毛で覆われているのは、チョッと・・・・ですね!

まだ、頼まれごとが片付いてないので、今回も正体不明のままで掲載になってしまいました(^^;。

2月11日追記
こちらの方も、フッカーSさんとezo-aphidさんからコメントを頂き、「イエバエ科オオイエバエらしい」とのことなので、タイトルの変更と記事の追加を行いました。
絵合わせで、最終的な名前を確定するのは、なかなか難しいようですが、私にとっては正体が判明したので大満足です(^^)。
フッカーSさん、ezo-aphidさん、ありがとうございました。

オオイエバエ? (ハエ目/イエバエ科)
ハエの仲間_1101301 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F16  ISO200  (2011.01.29: 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1101302 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F16  ISO200  (2011.01.29: 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1101303 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.5  F16  ISO200  (2011.01.29: 港南区芹が谷)

|

« ●マガモのオス | トップページ | ●アオジ再び »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

イエバエみたい、です。

投稿: ezo-aphid | 2011年2月 5日 (土) 15時59分

イエバエでしたか、ありがとうございます(^^;。
冬場は、本当に虫の数が少ないので、何でもあってことにしてますので、何が出てくるか分かりません。
ところで、イエバエも冬だと樹皮の下で越冬するんですか?

投稿: そら | 2011年2月 5日 (土) 19時52分

げ、すみません、判りません。どうしましょ。

投稿: ezo-aphid | 2011年2月 5日 (土) 23時18分

何事も、腹八分目で良いのではないかと思いますが(^^;。
一生懸命探しても、なかなか撮れない日もあることだし、そう言う日は早く寝るに限ります(^^)。

投稿: そら | 2011年2月 5日 (土) 23時37分

何だかヘンテコなイエバエですねぇ・・・・杉の木の皮下に居たってのも変わってると思うけど、容姿なんかも。顔はまるでヤドリバエみたいだし、翅脈はハナバエみたい、触角のヒゲはニクバエみたい(笑)。

たぶん、イエバエ科のMusca属なんじゃないかと推測しましたが、翅脈で大半の仲間が消えました。残ったのは画像が確認出来なかった数種ですが・・・・・

個人的には、ハラアカイエバエ(Musca ventrosa Wiedemann, 1830)に翅脈やオスの頭部、脚色、腹部側面の様子、翅色などが最も似てると思いました・・・・・・が、自信はあまりありません(苦笑)。

投稿: フッカーS | 2011年2月 6日 (日) 06時32分

すみません、前言を撤回します。ネットのイエバエにそっくりの画像を見たのですが、再確認できません。この翅脈はMuscina属のようです。

投稿: ezo-aphid | 2011年2月 6日 (日) 09時43分

オオイエバエ Muscina stabulans (Fallen)でいいと思います。鶏舎などの畜産施設に堆積した糞尿中で繁殖するとのことですから、冬場に現れてもいいのかも。
http://www.flycontrol.jp/species/flsstablefly/jp/index.shtml

投稿: ezo-aphid | 2011年2月 6日 (日) 10時18分

うーーん、オオイエバエでしたか・・・・ezo-aphidさんが添付された翅脈図は私も以前から見てましたので、同定において真っ先に比較したのですが、私の場合はその図との比較で切捨てました(汗)。いや、縦脈どうしが翅端で接近する距離が、ちょっと異なっているように見えたもので(汗×2)・・・・胸部や小楯板の様子も何か違う雰囲気でしたが、越冬個体だからでしょうか・・・・やはり、ハエ類は素人には難しいですね(汗×3)。

というわけで、私が参考にしたオオイエバエのオスの標本画像のあるページを貼っておきます(ページの最下段の画像2枚がオオイエバエです)。
http://www.diptera-amateur.nl/muscidaemuscina.htm

投稿: フッカーS | 2011年2月 6日 (日) 13時10分

フッカーSさん、ezo-aphidさん、こんにちは!

鳥撮りに行ってる間に、盛り上がっていたみたいですね(^^)。
どんどん正体が割れるので、まだ更新してませんが、私の新規登録リストの数が今年中には1,100種類に辿りつきそうです。
昨年末の時点で1,073だったので、あと一踏ん張りなのですが、分かりそうなのは一通り撮ったと思うので、チョッと気になってたのでした(^^;。

内職は、今日明日には終わりそうなので、終わってからコメントを頂いた記事ので未訂正分は直すことにします。

まいど、ありがとうございます。
またのご来店を、お待ちしております!

店主

投稿: そら | 2011年2月 6日 (日) 13時47分

フッカーSさん、面白いオランダのサイトをご紹介くださり、有難うございました。科のイメージを持つには最適ですね。
オオイエバエとの確認には、下記の図書を利用するのが最も確実と思います。手近の図書館にないでしょうか? 絵合わせもできそう、とのことです。            
「日本のイエバエ科」
http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN4-486-01603-3

投稿: ezo-aphid | 2011年2月 6日 (日) 16時03分

簡単に絵合わせと言いましたが、ネット上に本物のオオイエバエは少なく、「日本のイエバエ科」による確定も容易なことではなさそうです。
http://diptera.jp/usr/local/bin/perl/dipbbs/joyful.cgi?list=pickup&num=5865#5865
オランダの標本写真などとくらべると、細部が格段によく見えているので、いずれ確定できる日がくるでしょう。ご不満かもしれませんが「?オオイエバエ」という表題でどうでしょうか。

投稿: ezo-aphid | 2011年2月 7日 (月) 08時59分

ezo-aphidさん、こんにちは!

私としては、イエバエ科の仲間と分かったので、「オオイエバエ?」でも十分すぎます(^^)。

投稿: そら | 2011年2月 7日 (月) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/50729174

この記事へのトラックバック一覧です: ●オオイエバエ?:

« ●マガモのオス | トップページ | ●アオジ再び »