« ●鳥さんも1枚(スズメ) | トップページ | ●ひとりごと »

2011年2月24日 (木)

●まだまだいるヒメコバチの仲間

性懲りもなく、コバチの仲間がまだ出て来ますが、これもヒメコバチで良いのかな(^^)。
大きさは、体長約1.5mmで小さい方の部類はいると思いますが、やはりこの大きさだと撮るのがシンドイです。
これも、多分ヒメコバチの仲間だと思いますが、見分け方のポイントをまだマスターしていないので全体の雰囲気で判断してます(^^;。

本当は、もう少し明るい場所で撮った方がキレイに撮れるのですが、葉の裏にいる虫は光を感じると動き始めるので、あまり明るくできません。
まだストロボを準備してないときだったので、いつも通りの写りですが、この大きさだとストロボを焚いた方が良さそうです。

これでやっと、葉っぱの裏のハチ君は、一先ず手持ちが無くなりました(^^)。

2月25日追記
ezo-aphidさんからコメントを頂き、「ヒメコバチ科の Elachertus sp,の雌で、Euplectrusと同じ亜科Elachertinaeに所属します。」と判明したので、タイトルの変更と記事の追加を行いました。

ezo-aphidさん、いつも内緒でお世話になっている先生、ありがとうございました。

ヒメコバチ科の仲間 (ハチ目目/ヒメコバチ科
コバチの仲間_1102131 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.3  F16  ISO200  (撮影:2011.02.13, 港南区芹が谷)

コバチの仲間_1102132 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO200  (撮影:2011.02.13, 港南区芹が谷)

|

« ●鳥さんも1枚(スズメ) | トップページ | ●ひとりごと »

ハチ(コバチの仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

そら亭ご主人さま。
お待たせしました。いつもの先生の見解をご紹介します。「ヒメコバチ科の Elachertus sp.,雌」だそうです。
Euplectrusと同じ亜科Elachertinaeに所属します。雰囲気が少し似てますね。

投稿: ezo-aphid | 2011年2月25日 (金) 16時54分

ezo-aphidさん、こんばんは!

いつもいつも、本当にありがとうございます。
一度に、コメントを頂いたので、掲載した当人の頭の中が混乱しております(^^;。
それにしても、椿の葉の裏にはこんなにも多くの種類のコバチが潜んでいたとは知りませんでした。 たぶん、まだ撮れてないのがいるんだと思います。
記事の方は、後ほど追加訂正させて頂きます。
いつもの先生にも、宜しくお伝え下さい。

先生は、忙しくないのかな、それとも気分転換がわりにお付き合いしてくれてるのかな?

投稿: そら | 2011年2月25日 (金) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/50914682

この記事へのトラックバック一覧です: ●まだまだいるヒメコバチの仲間:

« ●鳥さんも1枚(スズメ) | トップページ | ●ひとりごと »