« ●ヤツデの葉の裏にいたコマユバチ科の仲間 | トップページ | ●今年初めてのメジロ君 »

2011年1月18日 (火)

●ヤツデの葉の裏にいたハエヤドリクロバチ科の仲間

ヤツデの葉めくりをしていたら、ハチの交尾に遭遇したので、慌てて撮りました。
例によって、ハチは注意深く調べないと科まで辿りつくのも大変なので、科は不明と言うことにしました。
2枚目以降の写真は、ばらけてしまった後の片方なのですが、さてどちらだったかは定かでありません。
お腹の形を見た感じだと、上にいた方みたいな感じがしますが。

今回も、他力本願モードになってますがの、お分かりなる方がいたら宜しくお願いします(^^;。

1月20日追記、
お願いしてみたら、複数の方からコメントをいただき、ハエヤドリクロバチ科(Diapriidae)のAclista属」の仲間と言うことが分かりましたので、科を追記しておきました。
コメントをくれた皆さん、ありがとうございました。

ハエヤドリクロバチ科の仲間 (ハチ目/ハエヤドリクロバチ科)
ハチの仲間_1101161 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.3  F20  ISO200  (2011.01.15: 港南区芹が谷)

ハチの仲間_1101162 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F20  ISO200  (2011.01.15: 港南区芹が谷)

ハチの仲間_1101163 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F20  ISO200  (2011.01.15: 港南区芹が谷)

|

« ●ヤツデの葉の裏にいたコマユバチ科の仲間 | トップページ | ●今年初めてのメジロ君 »

ハチ(コバチの仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こんな真冬に交尾するハチがいるんですね。
私には科名もわかりませんが、この形は見たことがあるような気がします。
かなり小さなハチだったと思うんですが。

投稿: おちゃたてむし | 2011年1月18日 (火) 23時21分

おちゃたてむしさん、こんばんは!

ハチの方は、真冬の寒さでも全然平気みたいでしたが、撮ってるこっちの方が寒かったです(^^;。
これも寄生蜂の仲間なんでしょうが、今頃だと何に寄生するんでしょうか。

大きさは体長約2.3mmでしたから、私にとってはこの位が限界ですかね。
この形のハチは、今の時期は比較的多かったように思います。

投稿: そら | 2011年1月18日 (火) 23時51分

こんばんわ。
私もはっきりと断言は出来ませんが、触角の基部がこんなに長くて、続く2節めが極端に短くて、そこまでの色が先端側と異なるのは、たぶんハエヤドリクロバチ科の仲間(Diapriidae)だと思います。
私が知る限りではAclista属に近い気がしますが・・・・とりあえずそれ以上は情報不足です(汗)。
「BugGuide.Net」というサイトで、「Aclista」を検索すると、そっくりな面々の画像が出てきますよ。

投稿: フッカーS | 2011年1月19日 (水) 00時00分

フッカーSさん、こんにちは!

色々と情報をありがとうございます。

BugGuide.Netに行ってAclistaで検索して見てきましたが、確かに似たのがいました。
ハエヤドリクロバチ科と合わせて、少し調べてみようと思ってます。
折角撮って写真なので、素性が少しでも分かると嬉しくなります。
大変、助かりました。

投稿: そら | 2011年1月19日 (水) 12時35分

そらくん(どうしても、やんちゃ坊主に見えるんです)、おじゃましまーす。
 とってもコーフンしちゃいました。この仲間が雌雄で写ってる画像は、ほかには無いんじゃないでしょうか。 フッカーSさんの卓見も驚異的です、博識ですねー。おかげさまで、いろんなことが判りました。有難うございます。
1)これは多分、Aclista属でしょう。欧州の最新知見と部分写真が載っていますので、下記サイトをご覧ください。これを見ると、今回の画像をよく理解できます。(1)触角は頭のコブから出ている、(2)雌雄はよく似てるが、雌と違って雄の3節目が変形する(1枚目を参照、したがって2・3枚目は雌)、(3)口器は、ハンミョウに似た捕食向きの鋭い鎌型(1枚目の雌の口)、(4)不思議な形の、特徴的な前翅脈、など。
2)この画像のAclistaは、腹部の細い部分(第1腹節)が欧州産と比べてずいぶん長いですねー。日本から知られているのは、A. hakonensis Ashmead,1904 のみで、その後の報告はないかもしれません。原記載を読んでませんが、欧州の種数の多さを考えると、これは別種(?新種)なのかも。
3)この報告では寄主のハエ類はほとんどが不明となっていますが、米国ではキノコバエ科となっています。
http://www.aemnp.eu/PDF/45/Macek.pdf
長々と、ホントにおじゃましました。

投稿: ezo-aphid | 2011年1月20日 (木) 09時50分

ezo-aphidさん、こんにちは!

色々と、ありがとうございます。
私は、写真を撮るのがせい一杯で、その後始末がキチンとできてません。
今回のハチは、撮影途中で移動を開始されてしまったので、このカットしかなく片方が撮れていません。

ネットで公開することで、ありがたみの分からない私のようなのが撮った写真でも、他の人をワクワクさせることができて、良い時代になったなって思います。
こう言うコメントが頂けると、今後も意外なのが撮れるかも知れないと思えて嬉しくなりますね(^^)。

そらちゃんは、この春で10歳になるので「やんちゃおじさん」ですかね。
今でも、何年か前よりましですが、部屋の中の高い所に登って小物を落としたり、たまに夜中に部屋の中を突然走り回ったりしてます。最近の一番お気に入りの場所は、何と言ってもコタツの中ですね(^^)。
取り敢えず、プロフィール内の写真を大きなサイズにしてありますが、今度、何枚か追加しておきます(^^)。
猫ブログではないので、記事には顔を出しませんが!

これからも、よろしくお願いします。

投稿: そら | 2011年1月20日 (木) 12時43分

 Ezo-aphidさんからこのハチが,ハエヤドリクロバチ科(Diapriidae)のAclista属ではないかという指摘を受けましたが,仰せの通りAclista属で間違いはないと思います.脱帽です.
 このような形のハエヤドリクロバチは,Cinetus属とかMiota属とかわんさかおりまして,属の同定には四苦八苦しますが,大アゴが鎌状であればAclista属にしてしまいます.画像では拡大してもいまいち良くわかりませんが,頭部が横長なのでたぶん鎌状の大アゴを持っているものと思われます.

投稿: kurobachi | 2011年1月20日 (木) 17時06分

kurobachi?さん、こんばんは!

ありがとうございます。
先ずは「ハエヤドリクロバチ科」と言うことで、記事の方は追記することにします。
その先には、私には難しすぎて???状態で、属まで確認して頂けたのに申し訳ないです。
こんな事ならば、頑張って他の角度からも写真を撮っておくべきでした。

皆さん、色々とコメントをいただき、本当にありがとうございました。

投稿: そら | 2011年1月20日 (木) 21時41分

ezo-aphidさんへ、

プロフィールを覗いてみて下さい。
写真を、4枚ほど追加してみましたが、如何でしょうか(^^)。

投稿: そら | 2011年1月20日 (木) 22時16分

うふ。けっこう若々しく、とても「そらおじちゃん」とは呼べません。
 あらためて2枚目を見ると、ほっぺの模様が独特で、りりしい2枚目ですなー。3枚目は、何か狙ってるし。4枚目はカメラ目線でおねだり中? 5枚目は、んーと、泳ぐ金魚を覗きこんでる、のかな。太りすぎず、いい体形を保ってて、まじめそうな立派な青年じゃないすか(飼い主に似ました?)。 
 楽しいご紹介を有難うございました。

投稿: ezo-aphid | 2011年1月20日 (木) 22時54分

楽しんで頂けたようで、良かったです(^^)。
太ってないのは、実は勘違いあって、ずっとご飯の量が少なめで育ててしまったからなのでした(^^;。
本当は、もう一回り大きくなるって言われていのだそうですが...。

投稿: そら | 2011年1月21日 (金) 12時41分

そらくん、もう寝てるよねー。
 日本のAclista属でただ1種記録されてる hakonensis Ashmead の原記載を読みましたが、それには、体長3.6mmとなっています。ここのモデルさんは、体長2.3mmということですが、再確認していただけますか?

投稿: ezo-aphid | 2011年1月24日 (月) 01時29分

寸法を確認してみた結果、次のようになりました。
最近は最大倍率で撮ってますので、ほぼ間違いないと思いますし、実際に撮っていて小さかったです。

上にいた方
 体長(頭から腹の先まで):約2.9mm
 全長(頭から翅の先まで):約3.5mm

下の方
 体長(頭から腹の先まで):約2.8mm
 全長(頭から翅の先まで):約3.2mm

2.3mmは、計測ミスでしたが、いかがなものでしょうか?

投稿: そら | 2011年1月24日 (月) 20時56分

再々、お手数をおかけします。
 体長は「頭から腹端まで」なので、2.9mmくらいですね。となると、3.6mm を人間に換算すると、170cmの標準身長に対して210cmくらいですか。うーむムム、難しい。人並み外れてはいるが、人類のうちかも・・・・・。有難うございました。

投稿: ezo-aphid | 2011年1月24日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/50605997

この記事へのトラックバック一覧です: ●ヤツデの葉の裏にいたハエヤドリクロバチ科の仲間:

« ●ヤツデの葉の裏にいたコマユバチ科の仲間 | トップページ | ●今年初めてのメジロ君 »