« ●トックリバチ | トップページ | ●ウスグモスズがいっぱい! »

2010年8月 7日 (土)

●ベッコウハゴロモの幼虫もおしまい!

今年も、色々と楽しませてくれたベッコウハゴロモの幼虫でしたが、ほぼ羽化完了し終わったようです。
他の虫でもそうですが、あんなに小さな幼虫から、こんなに大きな成虫が出てくるのが不思議です。
大きさから考えたら、成虫の中身は空っぽに近いと言うことになりますね(外側だけのハリボテみたい)。
正面から見た顔の感じは、幼虫時代の面影が残ってます。
当たり前なのですが、裏側から見るとセミそのものって感じですね!
う~ん、やっぱり幼虫の方が撮るには面白いと思いますね(^^)。

ベッコウハゴロモ (カメムシ目/ハゴロモ科)
ベッコウハゴロモ_1008011
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/5  F9  ISO200  (2010.07.25: 港南区芹が谷)

Bekkouhagoromo_1008014
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5  F9  ISO200  (2010.07.31: 港南区芹が谷)

チョッと裏側を失礼して
ベッコウハゴロモ_1008013
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6  F11  ISO200  (2010.08.01: 港南区芹が谷)

抜け殻です
ベッコウハゴロモ_1008014
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.3  F11  ISO200  (2010.07.31: 港南区芹が谷)

|

« ●トックリバチ | トップページ | ●ウスグモスズがいっぱい! »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

なるほど~(゜o゜) 
下から見ると、セミっぽいですね。
近寄るとピーンと飛んでしまうのに、よくこんなアングルから撮れましたね。

2枚目の写真を拝見すると、ベッコウハゴロモも緑の粉がついているようですね。

投稿: 夏子 | 2010年8月 7日 (土) 21時44分

こんばんは!

私の感触では、アミガサ君の方が近付前に、気配を察知されて、逃げられてしまう気がします。
ベッコウ君は、気配を察知されても裏側に隠れる程度ですね(^^)。
デジ一眼には、L型のアングル・ファインダーを付けているので、ローアングルも全然問題なしですよ。
それよりも、三脚が置けるかどうかの方が、問題なんですよね(^^;。

確かに羽化するときに、抹茶の粉を浴びて出てきたみたいになってますね!

投稿: そら | 2010年8月 7日 (土) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/49044662

この記事へのトラックバック一覧です: ●ベッコウハゴロモの幼虫もおしまい!:

« ●トックリバチ | トップページ | ●ウスグモスズがいっぱい! »