« ●アブラムシの羽化 | トップページ | ●シロジュウシホシテントウの色違い »

2010年5月19日 (水)

●正体不明のアブラムシ

昨日のアブラムシの羽化を撮ったのと同じ場所にいた、多分アブラムシの仲間だと思います。
大きさは5mm弱で、体の表面の感じが普通のアブラムシと違って、デコボコした感じがします。
見た目がからすると、普通の緑色でツヤのある方がキレイな感じがしますね。
どこかで見たような気もしますが、チョット調べた範囲では正体不明でした。
最後の1枚は、同じ場所にいましたが、触覚と脚の感じから幼虫ではないかと思ってます。

正体不明のアブラムシ (カメムシ目/アブラムシ科)
Aburamushi_051611
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5 F8  ISO200  (2010.05.15: 港南区芹が谷)

Aburamushi_051612
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4 F8  ISO200  (2010.05.15: 港南区芹が谷)

Aburamushi_051613
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3 F8  ISO200  (2010.05.15: 港南区芹が谷)

幼虫ではないかと思いますが
Aburamushi_051614
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4 F9.5  ISO200  (2010.05.15: 港南区芹が谷)

|

« ●アブラムシの羽化 | トップページ | ●シロジュウシホシテントウの色違い »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。おちゃたてむしさんの方から、アブラムシを探して、ここにたどり着きました。
 上2枚の画像から、これはエンドウヒゲナガアブラムシの成虫とお見立てします。ただし、病気にかかった遺骸のため、生時の色は残っていません。4枚目は確かに幼虫ですが、これもカビ類に侵されて死亡し、体表から菌糸が伸びているのが見えます。この前日の、脱皮直後の有翅虫もエンドウヒゲナガのようです。
 ついでに、以前の「アキノキリンソウヒゲガアブラムシ」については、成虫の尻尾が白色なのと寄生植物が毛むくじゃらなので、コウゾリナヒゲナガアブラムシの可能性が高いだろうと思います。来春にでも、コウゾリナの仲間を探して比較なさってみてはいかがでしょう。

そら君、いい顔だねぇ、とってもかわいい!

投稿: ezo-aphid | 2010年12月 7日 (火) 19時18分

ezo-aphidさん、こんばんは!

ブログを訪問頂き、ありがとうございます。
昆虫にとても詳しい方(専門でしょうか)のようですが、コメントまで頂いて、とても嬉しいことだと思ってます。
写真に撮っていたときも、何となく違和感があったのですが、病気と言うことまでは頭が回りませんでした。

「アキノキリンソウヒゲガアブラムシ」の件は、来春にもう一度確認してみることにします。
いかんせん、ムシ好きの割に植物が全然ダメなので困りまくってます。

最後に、にゃんこのソラちゃんまでお褒め頂きありがとうございます。
当人(当にゃん)に、伝えておきました(^^)。

投稿: そら | 2010年12月 7日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/48377333

この記事へのトラックバック一覧です: ●正体不明のアブラムシ:

« ●アブラムシの羽化 | トップページ | ●シロジュウシホシテントウの色違い »