« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

●トゲキジラミだったんですか

何の木か忘れてしまいましたが、下から葉の裏を覗き込んでいて見つけました。
最初は、なんだか良く分からないけどキレイな虫だと思いましたが、帰って調べてキジラミの仲間だと分かりました。
名前の由来は、多分体の頭と胸の部分に小さなトゲが生えているからなんでしょうね!
羽が透明なので下が透けて、チョットしゃれた感じがしてました(^^)。

トゲキジラミ (カメムシ目/ネッタイキジラミ科)
トゲキジラミ_04261
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.6  F-- ISO200  (20010.04.25: 港南区芹が谷)

トゲキジラミ_04262
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.3  F-- ISO200  (20010.04.25: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ナシミドリオオアブラムシの有翅型

シャリンバイ(ようやく覚えました!)に、キジラミの羽化を探しに行ったのですが、風が強くて諦めてしまいました。
その代わり、ナシミドリオオアブラムシの有翅型を見つけたので撮ってきました。
最初は、見たことない模様のアブラムシがいるな~と思いましたが、帰って調べて分かりました。
幼虫とは、全然色合いが違うので、変えるまで気が付きませんでした(^^;。
羽化は撮れませんでしたが、有翅型が撮れたので良しとしました(^^)。

ナシミドリオオアブラムシの有翅型 (カメムシ目/アブラムシ科 )
ナシミドリオオアブラムシ_04291
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F8  ISO200  (2010.04.29: 港南区芹が谷)

ナシミドリオオアブラムシ_04292
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/5  F8  ISO200  (2010.04.29: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

●ヨコヅナサシガメの羽化のはずが

大分前から、写真を撮りに行く途中に幼虫がいるのを確認していたので、羽化の写真を期待してました。
日曜日の朝も、早くに寄って確認してみたら、既に脱皮が終わってしまって色も赤が少しに残っているだけでした(^^;。
早朝(6時前)に行けば、十分に間に合うだろうと思ってましたが、時間よりも温度の方に影響されるのでしょうかね?
もう一カ所あるのですが、こちらは常に集団を作っている訳でもないので、羽化に遭遇できるか疑問ありです。

ヨコヅナサシガメ (カメムシ目/サシガメ科)
ヨコヅナサシガメ_04251
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

もう少し早ければ
ヨコヅナサシガメ_04252
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

ヨコヅナサシガメ_04253
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

●ヤマトシギアブですか

ハエも、取り敢えず今日でおしまいになります(多分)が、最後はアブになりました。
写真を撮りに行くと、樹木にさりげなく止まっていて、近づいて撮ろうとすると直ぐに逃げてしまいます。
何回かトライして、ようやく撮ることができましたが、調べたらアブの仲間(アブもハエ目ですが)なのですね。
雰囲気が、チョッとケバエに似ていて、あまり好きなタイプでは無いです(^^;。

ヤマトシギアブ (ハエ目/シギアブ科)
ヤマトシギアブ_04251
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

ヤマトシギアブ_04252
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

●セアカキノコバエってきれい

最初は、カブラハバチかと思って撮りましたが、それにしては色もキレイだと思ってました。
帰って確認したら、頭の格好がハチではなくケバエと同じことに気が付き、一応セアカキノコバエに辿りつきました。
本当は、真横からの写真も撮れれば良かったのですが、壁に止まっていたので、これが限界でしたね。

セアカキノコバエ (ハエ目/クロキノコバエ科)
セアカキノコバエ_04251
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

黒・橙・黄のコントラストがキレイ
セアカキノコバエ_04252
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●おたずねもののハチ(3)

お尋ね者の第3弾は、昨日のハチと似ているけどお腹のも模様が違います。
こちらは、大きさ22~24mm位と、今までの中では一番大きいです。
折角、比較的キレイに撮れたのに、名前が分からないというのは寂しいので登場してもらいました。
ハチの仲間は、種類が多い割に名前が分からないままのも、たくさんいるみたいですね(^^;。

おたずねものハチ(3)
Hachi_042131
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/5 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

Hachi_042132
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

Hachi_042133
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

●ヒメフンバエって言うけど

ヤドリバエが出たので、ついでにハエの仲間も続けることにしました。
フンバエって言うけど、卵を獣の糞に産み付けことから呼ばれているみたいですね(^^)。
親の方は、アブと同じように他の虫を補食するそうです、失礼な名前だこと!
このハエも、他のハエと比べるとチョッと変わった形をしているので、比較的分かり易いですね。

ヒメフンバエ (ハエ目/フンバエ科)
ヒメフンバエ_04251
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

ヒメフンバエ_04252
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

ハエの仲間は複眼がきれい
ヒメフンバエ_04253
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●おたずねもののハチ(2)

お尋ね者の第2弾は、こちらのハチになりますが、これもヒメバチの仲間だと思います。
大きさは、体長9~10mm位でした。
この色合いのハチも、たくさんの種類があって似たようなの多い割には、探すと全然見つかりません(^^;。
やっぱり、図鑑を購入しないとダメなのかな~?

おたずねものハチ(2) (ハチ目/??科)
Hachi_042121
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.4  F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

Hachi_042122
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

Hachi_042123
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

●ナナフシモドキの幼虫みっけ

やっとナナフシの幼虫の群れを見つけることが出来ました(^^)。
触覚が短いので、エダナナフシでもトビナナフシでもなくて、ナナフシモドキですね!
それにしては、去年わたしがこの近くで見掛けたのは、トビナナフシだけだったのはなぜ?
と言うことは、今年はナナフシモドキの成虫にも会える可能性が大きいと言うこで、本当に良かったです(^^)。

ナナフシモドキの幼虫 (ナナフシ目/ナナフシ科)
ナナフシモドキ_04261
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/8 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

ナナフシモドキ_04262
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

●ヤドリバエの仲間

ハエの仲間は、一年中見掛けるような気がしますが、ハエと言っても色んなのがいて結構楽しめます(ハエ専門の方もいらっしゃいますね!)。
いつも行く場所で見掛ける比較的大きめのハエで、ヤドリバエの仲間だと思います。
カップルになっている写真が撮れたので、後から一匹でいるのも撮っておきました。
好き嫌いはあるでしょうが、被写体としては結構様になるのもいますね(^^)。

ヤドリバエの仲間 (ハエ目/ヤドリバエ科)
ヤドリバエ_04241
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8  F9 ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

ヤドリバエ_04242
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5  F9 ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷
)

正面からも撮りたかったな!
ヤドリバエ_04243
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6  F9 ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●おたずねものハチ(1)

3回ほど続けて、名前の分からないハチに登場してもらうことにしました。
多分、ヒメバチの仲間だと思いますが、これと行った決め手はありません。
最初のは、大きさは7~8mm位でコンクリートの柱に止まってました。
特徴のある顔をしているので、直ぐに分かるかなと思ってのですが、探した範囲では分かりませんでした(^^;。
でも、もしかしたら大チョンボがあるかも知れません(^^)。

たずねものハチ(1) (ハチ目/??科)
Hachi_042111
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS5.0  F10  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

Hachi_042112
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS6.0  F10  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

Hachi_042113
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS3.2  F-- ISO200  (20010.04.10: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●ひとりごと

日曜日、朝方は冷え込んでいましたが、太陽が昇るにつれて気温も上がり、このチョウを撮った10時過ぎには結構暖かでした。
チョウは、あまり飛んでませんでしたが、キチョウを見つけたので追いかけて撮ってきました。
近づく度に何とも逃げられてしまいましたが、最後に目一杯近くまで寄って撮ることができました(^^)。
チョッと前の草がじゃまでしたが、何とか良い感じの場所に止まってくれました。

この暖かさが続いてくれれば、虫さんの方も安心してたくさん出てきてくれるのでしょうが(^^;。

キタキチョウ (チョウ目/シロチョウ科)
キタキチョウ_04251
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/200 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

久日ぶりにアップで撮れました
キタキチョウ_04252
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/50 F8  ISO200  (2010.04.25: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

●ナシグンバイ 

先週の土曜日は寒かったので、仕方なくヤツデの葉の裏をひっくり返していたら見つけました。
模様からナシグンバイだとしましたが、ヤツデの葉の裏にいることもあるようですが、この1匹しか見掛けませんでした。
バラ科植物の植物に集まるようですが、特に梨につくグンバイでは無いみたいですね。
まあ、大っきく撮れたから良かったと言うことにしました(^^)。

ナシグンバイ (カメムシ目/グンバイムシ科)
ナシグンバイ_04171
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS5.0  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)

ナシグンバイ_04172
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS3.2  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)

ナシグンバイ_04173
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS4.0  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●ひとりごと

金曜日が雨だったのと歓迎会があったので、土曜日の早朝は寝てました(^^;。
しかも用事が入っていたので、ほんの1時間ほど出掛けてきましたが、気温も低めだったので、ほとんど収穫はありませんでした。

アオシャクの仲間が、壁に止まっていたので取り敢えず撮ってきましたが、丁度今頃見られる蛾だそうです。
似たのにウスキヒメアオシャクがいますが「外縁に白点が強く並ぶのが特徴」とのことなので、ヒメウスアオシャクとしてみました。

ヒメウスアオシャク (チョウ目/シャクガ科)
ヒメウスアオシャク_04241
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/20  F8  ISO200  (2010.04.24: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

●ホソヒラタアブの仲間

チャタテムシを撮っていたら、直ぐ近くにヒラタアブが止まって休憩し始めました。
逃げる気配がなかったので、チャタテムシをやっつけてから撮りました。
ハナアブも、似たようなのが多くて名前を探すのは諦めました。
でも、「ハナアブの世界」を参考にしてオビホソヒラタアブあたりが、怪しいかなって思ってます。

ホソヒラタアブの仲間 (ハエ目/ハナアブ科)
ホソヒラタアブ_04171
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.0  F9  ISO200  (2010.04.17: 港南区芹が谷)

ホソヒラタアブ_04172
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.0  F9  ISO200  (2010.04.17: 港南区芹が谷)

この後の2枚はレンズを交換
ホソヒラタアブ_04173
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS3.2  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)

ちょっとブレたのはアブが動いたから
ホソヒラタアブ_04174
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS4.0  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

●ヒメクロトラカミキリ

壁にへばり付いている、小さな黒い虫を見つけました。
良く見たらカミキリムシで、別の日にも見つけることができました。
いつものレンズに切り替えて撮影してみましたが、チョット大きすぎました(8mm位の大きさでした)。
大きさは小さいですが、触覚の感じはカミキリムシですね。

ヒメクロトラカミキリ (コウチュウ目/カミキリムシ科)
ヒメクロトラカミキリ_04111
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4 F10  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

ヒメクロトラカミキリ_04112
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS8.0  F9  ISO200  (2010.04.17: 港南区芹が谷)

ヒメクロトラカミキリ_04113
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS0.5  F-- ISO200  (20010.04.10: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ツツジトゲムネサルゾウムシ

サツマキジラミを撮りに行ったときに、ツツジの芽の先に小さな虫が動くのを発見しました。
良~く見たらゾウムシだと言うことで、サツマキジラミを先に処理してから撮ってきました。
この手の小さなコウチュウは、どおせ名前は分からないだろうと思ってましたが、一応調べてみたらヒットしました。
ツツジの上で見つかったので、ツツジトゲムネサルゾウムシで良しとしました(^^)。

ツツジトゲムネサルゾウムシ (コウチュウ目/ゾウムシ科)
ツツジトゲムネサルゾウムシ_04121
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.6 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

意外に口が長いんですね
ツツジトゲムネサルゾウムシ_04122
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

●ウスイロチャタテ科の仲間

寒くて虫がいなかったので、ヤツデの葉の裏に救いを求めてみました(^^)。
見慣れないチャタテムシがいたので、撮ってみましたが目の位置がチョット微妙です!
真上からの写真だと真上も見えているように見えますが、さてどこまで見えているのでしょうね?。
こやつは、初顔のチャタテムシ君でした。

3月2日追記
psocodeaさんから、「下の写真もウスイロチャタテ科 Ectopsocus 属で間違いありません.」とのコメントを頂けたので、記事の追加・訂正を行いました。
ありがとうございました。

ウスイロチャタテ科の仲間 (チャタテムシ目/ウスイロチャタテ科)
ウスイロチャタテ_04171
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS4.0  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)

ウスイロチャタテ_04172
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.5  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)


で、こちらは翌日別の場所で柑橘系の葉の裏にいたもの。
最初は別の種類かと思ったが、良~く見比べてみたら、こちらは羽化して時間が経ってないので、色が付く前の状態のよう。
写真には写ってませんが、直ぐ近くに抜け殻がありました!
小さい虫たちなので、今まで気にしてませんでしたが、結構いるんですね(^^)。

ウスイロチャタテ科の仲間 (チャタテムシ目/ウスイロチャタテ科)
チャタテムシ_04181
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.18: 港南区芹が谷)

チャタテムシ_04182
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.18: 港南区芹が谷)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●コハナグモの幼体?

ヤツデの葉の裏に、小さなクモがいるのを見つけて、こぎれいな感じだったので撮ってみました。
調べてみたらコハナグモのメスと分かりましたが、大きさが4mm位なのと形から、まだ幼体ではないかと思います。
網を張らないクモは、小さいクモでも比較的撮ることができますが、網を張るのは大変そうです。

コハナグモ (クモ目/カニグモ科)
コハナグモ_04171
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.5  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)

コハナグモ_04172
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.5  F-- ISO200  (20010.04.17: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

●ハグロケバエの大量出現

ケバエの季節になりましたね、日曜日は晴れて暖かくなったので、あちこちで黒いのが止まっているのを目にしました。
目ん玉の大きい方がオスで、小さい方がメス(最後の写真)だそうです。
ケバエと言うだけあって、目ん玉まで毛が一杯生えているんですね(^^)。
ケバエの方が、普通のハエよりも嫌悪感があるのは気のせいでしょうかね?
ちなみに、ケバエの幼虫が団子状になっているに遭遇したら最悪です!

ハグロケバエ (ハエ目/ケバエ科)
ハグロケバエ_04181
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

ハグロケバエ_04182
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

ハグロケバエ_04183jpg
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.0 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

ハグロケバエ_04184
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.6 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

●セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシの出産

この間の「ヒゲナガアブラムシの出産」と、親の色がチョット違うだけじゃないのって声が聞こえてきますね!
実際、私もそう思っている一人なのでした(^^;。
まあ、折角撮ってきたので出してみることにしましたので、見てやって下さい(__)。
それにしても、長い名前だこと!

セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ (カメムシ目/アブラムシ科)
セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ_04201
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.3  F-- ISO200  (20010.04.18: 港南区芹が谷)

セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ_04202
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/25  F-- ISO200  (20010.04.18: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

●ハルササハマダラミバエって

このミバエ君、カメラのレンズを向けると、こちらを警戒しているのか向きを変えて正面に向きます。
他の角度から撮ろうして移動すると、向きを移動した方に変えてしまい、結局移動前と同じ構図になってしまいます(^^;。
そのでも、めげずに移動していると、諦めてくれるこことがあります。
ハエの仲間の中で、○○バエと付くなかでは比較的色もキレイで可愛い顔をしています(^^)。

ハルササハマダラミバエ (ハエ目/ミバエ科)
ハルササハマダラミバエ_04111
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.0  F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

ハルササハマダラミバエ_04112
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6  F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ホソクビアリモドキにも会えた

こいつを最初に見たときは蟻かと思ったのですが、良~くみたら雰囲気が違うので気が付きましたが。
ただ、動きが早いので、なかなかキレイな写真が撮れずにいましたが、今回久しぶりに遭遇することができました(^^)。
できれば、もっと大きく撮りたいのですが、接写用の設備だとピント合わせに時間が掛かるので、撮影は多分無理でしょうね!
そう言えば、こいつには羽がなかったんですね(^^;。

ホソクビアリモドキ (コウチュウ目/アリモドキ科)
ホソクビアリモドキ_04111
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/5 F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

ホソクビアリモドキ_04112
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4 F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ひとりごと

今年も、フデリンドウの花がいつのも場所(桃畑に行く途中の坂の横)に咲いていました。
でも数は多くないようで、今回確認したのは写真の株ともう一株の2株だけでした。
調べたら、去年撮ったのが4月12日だったので、ほとんど同じ時期に咲いたようです。
普段、花の写真を撮ることは少ないのですが、この花は季節感を感じさせてくれるので、今年もさがして撮ってきました。

フデリンドウ (リンドウ目/リンドウ科)
フデリンドウ_04181
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/60 F2.8  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

フデリンドウ_04182
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/15 F8  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

●ニッポンヒゲナガハナバチにやっと会えた

ヒゲナガバチは知っていましたが、実物にお目に掛かったのは初めてでした(^^)。
早朝だったので葉っぱの上で休んでいましたが、触覚がまだキレイになっていなかったので羽化したばかりかも知れません(最初の2枚)。
後の2枚は、次の週に前の場所の近くの場所で撮ったものですが、触覚がキレイになっています。
ハチのような飛び方をする種には、こんなに長い触覚だとじゃまだと思いますが、どうなんでしょうね?
この地域で撮り始めて3年半以上が経過してますが、まだまだ新顔に会えるのが凄いです。

ニッポンヒゲナガハナバチ (ハチ目/コシブトハナバチ科)
ニッポンヒゲナガハナバチ_04111
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4 F10  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

ニッポンヒゲナガハナバチ_04113
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/5 F10  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

Higenagabachi_04181
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.4 F10  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

Higenagabachi_04182
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.6 F9  ISO200  (2010.04.18: 港南区芹が谷)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

●ひとりごと

土曜日は、午後から日が出てきましたが寒い一日でした。
日曜日は天気が良くなると言うので、朝早くに起きて裏に出掛けてきましたが、思ったよりは暖かくならなかったですね。
でも、日が出てくると虫たちも顔を出してくるのが、それだけを期待して出掛けます(^^)。
キイロテントウも、珍しく柑橘系に木にたくさん付いていました。
例のレンズで撮ったものですが、もう少し被写界深度があると嬉しいのですが、絞りかたがたりないのかな(^^;。

キイロテントウ (コウチュウ目/テントウムシ科)
キイロテントウ_04181
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.18: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

●マダラガガンボは大きかった

日本で最大のガガンボと言うだけあって、本当に大きいのですが比較対象になる物がないので分からないですよね(^^;
これだけ大きな虫なのですが、ここで見つけたのは初めてで撮影したのも初めてです。
このガガンボは、羽の色が透明ではなく模様があってチョットキレイです!
ガガンボの目って、まん丸の複眼でキレイな目なんですよね~(^^)。

マダラガガンボ (ハエ目/ガガンボ科)
マダラガガンボ_04111
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.6 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

マダラガガンボ_04112
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

マダラガガンボ_04113
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.5 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

マダラガガンボ_04114
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

マダラガガンボ_04115
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS3.2 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

●ヨツボシテントウ

ちょっと前に撮ったの(下のベダリアテントウ)と光沢の感じが違って見えたのですが、帰って良く確認したら違ってました。
ジックリ見ると、こっちの方が全体的に黒っぽく見えるんですね!
大きさ的には、こっちの方が少し小さかったようで3mmくらいだと思います。
テントウムシは、前から見た顔が何となくとぼけた感じですきです(^^)。

ヨツボシテントウ (コウチュウ目/テントウムシ科)
ヨツボシテントウ_04111
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

ヨツボシテントウ_04112
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

ヨツボシテントウ_04113
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ベダリアテントウ

最初は、上のヨツボシテントウだと思っていたのですが、似た模様で2種類いることを知り、確認したら模様(こちらは黒い部分が丸くない)が違うので別種と分かりました。
と言うことで、このテントウムシは初めてお目に掛かって撮影しました。
先に、こちらの写真を撮って、後から上のを撮ったのですが、背中の光方が違って見えたので気になってたのでした。
3枚目の写真は、逆付けレンズで撮りましたが、被写体の色具合と明るさの関係か、今回はキレイに撮れてました。

ベダリアテントウ (コウチュウ目/テントウムシ科)
ベダリアテントウ_04111
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/6  F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

ベダリアテントウ_04112
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/10  F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

被写体がキレイだと写りもキレイ?
ベダリアテントウ_04113
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ジグモの巣

今回のクモは、取り敢えず昨日でおしまいですが、とり続けているので貯るまでお待ち下さい。

ジグモの巣と言えば、小さい頃に見つけては巣を引っ張り上げて、中のクモを取り出してました(^^;。
でも、強く引っ張りすぎると、直ぐに途中から切れちゃうんですよね!。
明日出てくるガガンボの写真を撮った脇を見たら、懐かしくなって撮ってきました。
それにしても、こんなにたくさん並んでいるのは初めて見ましたね(^^)。

ジグモの巣 (クモ目/ジグモ科)
Jigumo_04151
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

●ワカバグモも出てきました

紫陽花の若葉が出始めていて、その中に紛れ込むようにして隠れています。
今まで姿を見なかったのですが、ここに来て急に見掛けるようになりました。
それにしても、冬場はどこに隠れていたのでしょうね?。
オスはメス(前に掲載)と違って、前足の付け根の周りが赤くなっていますが、もっと色の濃いのもいますね!

ワカバグモ (クモ目/カニグモ科)
ワカバグモ_04121
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/6 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

ワカバグモ_04122
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

ワカバグモ_04123
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●アシブトヒメグモ

冬場に撮ったときは、ヤツデの葉の裏で小さくなってましたが、暖かくなったので表に出てきたようです。
クモの生態は良く分からないのばかりですが、葉っぱの上でジッとしていてくれると撮る分には助かります。
このクモも、お腹の模様がキレイですね。

アシブトヒメグモ (クモ目/ヒメグモ科)
アシブトヒメグモ_04121
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.6 F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

アシブトヒメグモ_04122
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.4 F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

アシブトヒメグモ_04123
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5 F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ゴミグモだって

黒くて大きいのが、ゴミがまだ少ない巣にいたので撮ってきました。
ゴミグモには、黒いのと薄茶色(前に登場)のがいますが、何が違うのでしょうね?
普段は巣に付いたゴミと一緒なので気が付きませんが、こうやってまじまじ見るとゴッツイ形をしてますね。

ゴミグモ (クモ目/コガネグモ科)
ゴミグモ_04121
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS3.2 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

ゴミグモ_04122
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/5 F9  ISO200  (2010.04.10: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

●ヒラタグモですか

見慣れない感じのクモがいたので、早速撮っておきました。
ここには結構クモもいる情報をもらったのと虫もたくさん撮ったので、今年はクモの積極的に撮ることにしてます。
先ずは、比較的撮りやすい場所にいるのから相手にすることにしてます。
お腹な模様がきれいなクモもいるようなので、この先楽しみです(^^)。

ヒラタグモ (クモ目/ヒラタグモ科) ヒラタグモ_04041
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6  F9  ISO200  (2010.04.04: 港南区芹が谷)

ヒラタグモ_04042
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.0  F9  ISO200  (2010.04.04: 港南区芹が谷)

ヒラタグモ_04043
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8  F9  ISO200  (2010.04.04: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●ウロコアシナガグモ

ヤツデの葉の裏のウロコアシナガグモも、少しは大きくなってきました。
小さなクモですが、良く見ると結構キレイな色をしてます。
たまに、お腹の上に白いのを載せているのを見掛けますが、寄生した幼虫と一緒なんですね。
さすがに、この位置に載ってられると、長い足でも届かないのかな~(^^)。

ウロコアシナガグモ (クモ目/アシナガグモ科)
ウロコアシナガグモ_04041
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

ウロコアシナガグモ_04042
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.6  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

背中におんぶして大変だこと
ウロコアシナガグモ_04043
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS4.0  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

●ヒゲナガアブラムシの出産

真っ黒(写真で見ると赤黒い)なアブラムシが目に入ったので撮影してみました。
最初は気が付かなかったのですが、途中で出産中のがいることを発見し、レンズを交換して大きく撮ってみました。
まるまる太ったお腹の先から、小さな幼虫が出てきてます。
良く見ると、足の先から出てきてますから、人間で言ったら逆子ですね!
さて、この太ったお腹の中には何匹位入っているんでしょうね?
名前の方は、ぴったりの外観のが見つからなかったので、ヒゲナガアブラムシの仲間としておきました。

ヒゲナガアブラムシの仲間 (カメムシ目/アブラムシ科)
ヒゲナガアブラムシ_04111
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5  F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

ヒゲナガアブラムシ_04112
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

ヒゲナガアブラムシ_04113
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

ヒゲナガアブラムシ_04114
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

●サツマキジラミのオスも追加

ご好評(?)につき、キジラミの第四弾を急遽追加しました(^^)。
「メスが出たんだから、オスがないのはねぇ」と言うことで、日曜日に早速撮ってきました。
今回は、メスのときよりも明るい場所で撮るようにしてみたので、少しはコントラストが上がった写真になってると思います。
ついでに、交尾中のカップルにご足労頂いて、撮影に参加してもらいました。

この手の小さな虫のときは、虫の載っている葉っぱごと撮影しやすい場所(風の無い場所)に移動して撮影することもあります。
このキジラミも、移動しようとしてチョット衝撃が加わると、直ぐに飛び跳ねてどこかに行ってしまいます。
おかげで、たくさんのカップルの邪魔をする結果になってしまいました(^^;。
オスを撮りに行ったのですが、キジラミさんたちごめんなさいね(__)。

サツマキジラミ (カメムシ目/キジラミ科)
サツマキジラミ_04111
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

サツマキジラミ_04112
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

サツマキジラミ_04113
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

オスとメスの違いです!
サツマキジラミ_04114
α700 24mm/F2.8 逆付け
SS0.5  F-- ISO200  (20010.04.11: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●ひとりごと

「ちっちゃいのばっかじゃなくて、おっきいのも」と言う声(極々一部の方の)にお応えして、日向ぼっこ中を載せておきますね!
やっと、この大きさのチョウも撮れるようになり、これだったら虫らしい感じがすると思いますが(^^)。

この土日、日の出時刻も大分早まってきたので、6時前から裏の雑木林に出掛けて撮影してました。
早朝だと、陸地と海の温度差が無くななるので、風がほとんど吹かなくなります。
私のような写真の撮り方をしていると、さわやかな風も「百害あって一利無し」なので、これが貴重な時間帯になります。
しかも、虫たちの体温も上がり始める前(起床前?)なので、動きが緩慢になっていることが多く、逃げられる確率が減るんです。
これから暫くは、早起きして撮影することが多くなると思いますが、欠点は月曜日に会社に行って眠いことですかね(^^;。

この土日は、本当に天気も良かったし気温も上がってくれたので、久しぶりに収穫の多い休みになりました(^^)。
で、昨日の月曜日が冬に逆戻りで寒くて、今日は春の陽気になったりと忙しいこと。

キタキチョウ (チョウ目/シロチョウ科)
Kitakichou_04121
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/50 F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

ツチイナゴ (バッタ目/イナゴ科)
Tsuchiinago_04121
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/80 F9  ISO200  (2010.04.11: 港南区芹が谷)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

●ヤツデキジラミの再登場

4日の日曜日は、気温が低くて虫の出が良くなかったのと、前日の逆付けレンズの具合が良かったので、小物狙いで迫ってみました。
ヤツデキジラミも一度登場していますが、大きく撮れるようになったので再挑戦してみました。
前のキジラミ2種と同じ日に、同じ機材で撮影したものです。
確かに、マクロレンズだけ使用していたときの3倍の大きさで撮れるようになったので、細かな部分まで見えるようになりました。
しいて言えば、コントラストが低下(自然光だけだと、厳しいみたいです)している感じで、全体的に淡い感じに撮れてます。

ヤツデキジラミ (カメムシ目/キジラミ科)
ヤツデキジラミ_04041
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

ヤツデキジラミ_04042
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

ヤツデキジラミ_04043
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

平べったいですよね!
ヤツデキジラミ_04044
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.4  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

白いもじゃもじゃは何?
ヤツデキジラミ_04045
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.6  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

●タイワントガリキジラミですか!

ヤツデキジラミと同じ、ヤツデの葉の裏にいましたが、このキジラミは今回初めて見ました。
お腹に白い帯が入っているので、他のキジラミとは簡単に区別できます。
帰ってきてからネットで確認して、名前を知ることができました。
名前から、元は暖かい地方のキジラミのようですが、温暖化で北上しているのでしょうか?

タイワントガリキジラミ (カメムシ目キジラミ科)
タイワントガリキジラミ_04041
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

タイワントガリキジラミ_04042
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

タイワントガリキジラミ_04043
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

●サツマキジラミ

虫をさがしに・・・」さんとこを見て、ナシミドリオオアブラムシがいたシャリンバイで探して撮影してきました。
色が赤いのはメスとのことなので、写真はメスだと思います。
大きく撮れたと喜んで帰宅したら、オスの写真を撮るのを忘れちゃいました(^^;。
同じ場所に、ヤツデキジラミの幼虫の同じのがいましたが、サツマキジラミの幼虫だと思います。
それにしても、ほとんど同じですが、本当にサツマキジラミの幼虫なのかな~?。

※今日からキジラミの三連ちゃんです(^^)。

サツマキジラミ (カメムシ目キジラミ科)
サツマキジラミ_04041
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.3  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

サツマキジラミ_04042
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

サツマキジラミ_04043
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

幼虫の方が大きく見えるのは気のせいです!
サツマキジラミ_04044
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

●スジグロチョウやっとが撮れた

今年初めて、チョウに接近して撮ることができました。
午前中の早めの時間で、チョウの体が温まる前だったのか、動きがスローだったので接近できたんでしょうね。
お陰で、目一杯接近しても逃げ出しもせず、撮影に協力してくれました(^^)。
正面からの写真、チョウと言うよりも「ヒゲもじゃのおじさん」て感じですね(^^;。

スジグロチョウ (チョウ目/シロチョウ科)
スジグロチョウ_04031
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/40  F10  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

スジグロチョウ_04032
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/10  F10  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

「おじさん」だって、失礼な!
スジグロチョウ_04033
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/13  F10  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

●アミメクサカゲロウの目がキレイ

再び、ヤツデの葉の裏にいたのを見つけることになりました。
長~い触覚が、ピンと伸びていて格好いいです!
今回は、逆付けレンズで目の玉をアップで撮影してみました。
とてもキレイな目をしていたんですね(^^)。

アミメクサカゲロウ (アミメカゲロウ目/クサカゲロウ科)
アミメクサカゲロウ_04031
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/20  F9  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

目が輝いてますね!
アミメクサカゲロウ_04032
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.03: 港南区芹が谷)

アミメクサカゲロウ_04033
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.3  F-- ISO200  (20010.04.03: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

●アメバチモドキの仲間

いつものこの壁、朝早いと色々な虫が止まっています。
今回は、アメバチモドキの仲間が止まっていましたが、ハチの仲間は本当にメジャーなの以外は、名前がほとんど分かりません。
このハチは、体の表面に細かな毛がないので、光沢があってキレイです(^^)。
こう言うのは、撮り易くていいですね~!

アメバチモドキの仲間 (ハチ目/ヒメバチ科)
アメバチモドキ_04031
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/5  F11  ISO250  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

プラモデルみたな感じですね
アメバチモドキ_04032
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F11  ISO250  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

アメバチモドキ_04033
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4  F11  ISO250  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

アメバチモドキ_04034
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F11  ISO250  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

●イタドリハムシ

過去の撮影日を確認したら、4月と6月に撮影していました。
色は、今回のような朱色に近いものと、薄黄色に近いのがいました。
偶然か確認しませんでしたが、4月のものは朱色で6月のものは薄黄色でした。
もしかした、初夏向けは色が薄くなるのかな?

イタドリハムシ (コウチュウ目/ハムシ科)
イタドリハムシ_04031
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4  F9  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

イタドリハムシ_04032
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/4  F9  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

なかなか立派な触覚ですね
イタドリハムシ_04033
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/3  F9  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

●ムラサキナガカメムシ

小屋の壁にへばり付いていた、小さなカメムシです。
カメムシの仲間は、成虫のまま越冬するのも多いみたいで、春先暖かくなると見掛けるようになりますね。
日向ぼっこ(この場所は日陰でしたが)でもしていたのか、ジッとしていました。
最初に見掛けたのが2007年でしたが、やはり春先の3月でした。

ムラサキナガカメムシ (カメムシ目ナガカメムシ科)
ムラサキナガカメムシ_04041
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5  F9  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

ムラサキナガカメムシ_04042
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.4  F9  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●エンマムシあたりか?

これも、いつも行く場所の壁にへばり付いていたのですが、一応確認した範囲では該当するのが見当たりませんでした。
何となく、エンマムシ当たりが近いのではないかと思ってます。
小さくて単調な色の虫は、なかなか名前が分かりませんね!。

エンマムシあたりか? (甲虫目/??科)
Kouchu_03311
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.5  F13  ISO200  (2010.03.21: 港南区芹が谷)

Kouchu_03312
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.4  F13  ISO200  (2010.03.21: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●チビシギゾウムシの仲間

大きさ約3mmの小さなゾウムシです。
最初、100mmマクロで撮っていましたが、試しに逆付けレンズに換えて撮影(2枚目)してみました。
結果はと言うと、大きく撮れますが被写界深度が浅くなるので、こう言う形状の虫には向かない気がします(^^;。
あと、光量の関係かコントラストが低下する傾向にあるようです。
ただ、間違いなく大きく撮れるので、細かなところまで写すことができますね(^^)。

チビシギゾウムシの仲間 (コウチュウ目/ゾウムシ科)
チビシギゾウムシ_04031
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8  F9  ISO200  (2010.04.03: 港南区芹が谷)

画質が今一歩ですね
チビシギゾウムシ_04032
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.03: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ひとりごと

逆付けレンズを使うことで、より大きな写真を撮ることができるようになり、色々と遊んでますが、不便なことも多い撮影システムです。
不便というのは、次の問題があるからです。
 ①固定焦点なので、撮影できる距離(倍率)を変更できない。
 ②ピント合わせは、レンズ(カメラ本体)を前後するしかない(ピントリングが機能しない)。
 ③絞り機構が動作しない(自分で絞りレバーを動かして変更するしかない)。
 ④被写体までの距離が短い。
要するに、普段は何の問題もなく行えることが、全て自分でコントロールしなくてはならないのです。
しかも固定焦点と言うことは、大きなものを離れて小さく撮ることができないと言うことなのです。
また、撮影には三脚+スライダー(今回新規に購入してしまいました)が必須になり、荷物が増えてしまいます。

でも、今までにない撮影(見えなかったものが見えてくる)ができるので、合間を見て楽しむには良いシステムだと思ってます(^^)。
もう少しして、大きな虫がたくさん出始めたら、出番が無くなってしまうかも知れませんが(^^;。

アオモンツノカメムシの孵化 (カメムシ目/ツノカメムシ科)←追記
Kamemushi_04041
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.4  F-- ISO200  (20010.04.04: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

●ナガケチャタテ

なかなかジッとしていてくれなかったので、上からの1ショットしか撮れませんでした。
多分、前に掲載した幼虫の親だと思いますが、ハッキリは分かりません。
幼虫の姿から追ってみると、こちら(明石・神戸の虫 ときどきプランクトン)に掲載されているのと、同じ種類ではないかと思ってます(^^;。
別件で「虫ナビ」調べていたら、ナガケチャタテと言うのが載っていて、これかも知れません。

3月2日追記
psocodeaさんからコメントを頂けたので、タイトルを「ナガケチャタテ」と変更しました。
ありがとうございました。

ナガケチャタテで合っていたそうです(^^)。

ナガケチャタテ ( チャタテムシ目/ニセケチャタテ科 )
ナガケチャタテ_03271
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.3  F11  ISO200  (2010.3.27: 港南区芹が谷)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●ヤツデキジラミの幼虫

逆付けレンズを、野外に持ち出して使ってみました。
被写界深度が浅いので、これみたいに薄べったい虫には威力を発揮しますね(^^)。
今回は、結構キレイに撮ることができました。
ただ、レンズの保管が良くなかったので、前玉に小さな傷があるみたいで、それの影(CCDの表面のゴミと同じ感じ)が少し出てます。
少しずつですが、このレンズの使い方が分かってきました。

ヤツデキジラミ (カメムシ目/キジラミ科)
ヤツデキジラミ_04031
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F-- ISO200  (20010.04.030: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●キイロケチャタテでは無いそうです!

こちらも、逆付けレンズで撮り直してみました。
元々淡い色合いなので、色に関しては変わりませんが、確かに解像度はあがりました。
細かいとこまでは分かりませんが、多分キイロケチャタテと同じ仲間と思います。
こう言う、模様に特徴のないのは本当に分かり難いですね(それ以前に、参考になる情報が少ないです)。

ようやく、虫の数も増えてきたようで、何とか虫に切り替えることができそうです(^^;。

3月2日追記
psocodeaさんから、「キイロケチャタテに外観的に良く似た種はたくさんいるのですが,実は結構遠縁の仲間も含まれます.というか,キイロケチャタテは,ケチャタテ科から独立させた方が良いかとも考えています(現在論文が進行中).写真の種ですが,微妙に見える後小室の感じから言って,キイロケチャタテではありません.じゃなんだ,と言われるとこのグループは写真だけでは困難です.」とのコメントを頂けたので、記事の追加・訂正を行いました。

ありがとうございました

※素人が見ると似ているようでも、種としてみると違っているものなのですね。

ケチャタテの仲間 ( チャタテムシ目/ケチャタテ科 )
キイロケチャタテ_04031
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.3  F-- ISO200  (20010.04.03: 港南区芹が谷)

キイロケチャタテ_04032
α700 24mm/F2.8 逆付け + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.3  F-- ISO200  (20010.04.03: 港南区芹が谷)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

●ニワトコヒゲナガアブラムシも大量発生

1月に掲載したときは、数匹しか見掛けませんでしたが、今回は大量に発生していました。
やっぱり、アブラムシはこうじゃなくちゃいけませんね(^^;。
このアブラムシ、大きめだし表面にツヤがあってキレイに撮れるので好きです。
ひょうたんみたいな形をしているのが、羽をもった成虫になるんですね!

ニワトコヒゲナガアブラムシ (カメムシ目/アブラムシ科)
ニワトコヒゲナガアブラムシ_03271
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.0  F11  ISO200  (2010.3.27: 港南区芹が谷)

ニワトコヒゲナガアブラムシ_03272
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6  F11  ISO200  (2010.3.27: 港南区芹が谷)

ニワトコヒゲナガアブラムシ_03273
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8  F11  ISO200  (2010.3.27: 港南区芹が谷)

ニワトコヒゲナガアブラムシ_03274
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8  F11  ISO200  (2010.3.27: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●トホシテントウの幼虫

トホシテントウの幼虫が、壁のコンクリートにへばり付いていました。
初めて見たときは「何じゃらホイ?」と思いましたが、実は良く見ると結構可愛い顔をしています。
毛虫は嫌いなのですが、似ていますがこちらは全然平気です(^^)。。
ちなみに、1週間後に見たら同じ場所にいたので、ここでサナギになるのかも知れません。

トホシテントウの幼虫 (甲虫目/テントウムシ科)
トホシテントウ_03211α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.5  F11  ISO200  (2010.03.21: 港南区芹が谷)

トホシテントウ_03212α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1.6  F11  ISO200  (2010.03.21: 港南区芹が谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

●ニホントカゲも日向ぼっこ

最初に見つけた方は、チョコマカ動き回っていましたが、たまに止まって動かなくなりました。
お腹が大きくなっていたので、メスなのでしょうか?

もう一匹は完全にお休み状態で、マクロレンズを至近距離まで近づけましたが最後まで動きませんでした。
こんなに近い距離でトカゲを撮影したのは初めてですが、瞬きしていたのでちゃんと生きてましたよ(^^)。

※ようやく暖かくなって来たので、明日から虫さん中心の生活に戻ることにします(^^;。

ニホントカゲ (有鱗目/トカゲ科)
ニホントカゲ_03271
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/50  F11  ISO200  (2010.3.21: 港南区芹が谷)

ニホントカゲ_03272
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/50  F11  ISO200  (2010.3.21: 港南区芹が谷)

ニホントカゲ_03273
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/50  F11  ISO200  (2010.3.21: 港南区芹が谷)

ニホントカゲ_03274
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/20  F11  ISO200  (2010.3.21: 港南区芹が谷)

顔のドアップ
ニホントカゲ_03275
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/10  F11  ISO200  (2010.3.21: 港南区芹が谷)

後ろ足
ニホントカゲ_03276
α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS1/13  F11  ISO200  (2010.3.21: 港南区芹が谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

●カワセミも花に!

今年は、カワセミ君との相性があまり良くないみたいです。
動く被写体は苦手なのに、遭遇する率が低いと練習することもできません。
日曜日も全然ダメでしたが、何とか春らしい感じの場所に止まってくれたのが撮れました(^^;。
そろそろ、この冬の野鳥シーズンも終わりが近いようです。

カワセミ (ブッポウソウ目 カワセミ科)
カワセミ_03271
α700  APO TELE 400mm/F4.5 G
SS1/500  F5  ISO200  (2010.03.27: 港南区(戸塚区)平戸永谷川)

カワセミ_03281
α700  APO TELE 400mm/F4.5 G
SS1/500  F7.1  ISO200  (2010.03.28: 港南区(戸塚区)平戸永谷川)

カワセミ_03282
α700  APO TELE 400mm/F4.5 G
SS1/250  F8  ISO200  (2010.03.28: 港南区(戸塚区)平戸永谷川)

最後は普通の枝の上で
カワセミ_03283
α700  APO TELE 400mm/F4.5 G
SS1/500  F5.6  ISO200  (2010.03.28: 港南区(戸塚区)平戸永谷川)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »