« ●鳥さんを1枚 | トップページ | ●鳥さんを1枚 »

2010年3月10日 (水)

●アミメクサカゲロウ 

大した収穫は無いだろうと思いつつも、ヤツデの葉の裏を確認していて見つけました。
葉の裏に、ピッタリへばり付いてるので、気を付けないと見落としてしまいそうです。
最後の2枚は、ストロボ無しと有りの違いですが、使い分けと光の調整が思ったよりも大変だと感じました。
撮るだけだったら、ストロボ有りの方が楽チンですが、撮れた写真の評価が微妙で、個人的にはストロボ無しの方が良いかな~。

アミメクサカゲロウ (アミメカゲロウ目/クサカゲロウ科)
アミメクサカゲロウ_02281α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS0.8  F11  ISO200  (2010.02.27: 港南区芹が谷)

アミメクサカゲロウ_02282α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.0  F11  ISO200  (2010.02.27: 港南区芹が谷)

アミメクサカゲロウ_02283α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS4.0  F11  ISO200  (2010.02.27: 港南区芹が谷)

アミメクサカゲロウ_02284α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO 300
SS2.0  F9  ISO200  (2010.02.27: 港南区芹が谷)

アミメクサカゲロウ_02285α700 Macro 100mm/F2.8 + 1.4x TELEPLUS PRO (ストロボ)
SS1/60  F13  ISO200  (2010.02.27: 港南区芹が谷)

|

« ●鳥さんを1枚 | トップページ | ●鳥さんを1枚 »

アミメカゲロウ」カテゴリの記事

コメント

確かに自然光で撮った方がいいですね。

1枚目のヤツデの葉の波打つ感じや、最後の写真の複眼の丸みというか、立体感はストロボ一発ではまず出ないでしょう。

しかし三脚立てて長時間露光と言うのは、私のような横着者には難しそうです。

投稿: おちゃたてむし | 2010年3月10日 (水) 20時28分

こんばんは、

そう言って頂けると、すごく嬉しいです(^^)。
まあ、ストロボ光のコントロールが、今一歩のせいもありますが!。

確かに、三脚の長時間露光は微風の影響も受けるので、風が止むのをジッと待っている時間が嫌になります。
最終的に。撮るのを諦めてしまうこともあります。

今年は、ストロボと併用を考えてますが、カメラの周囲がうっとうしいのがチョット気になってます。
なかなか、上手くいかないものですね。

投稿: | 2010年3月10日 (水) 22時43分

おはようございます。
プロにくっついて歩くことがあるのですが、
歩き回らないです、彼らは、一匹の虫をみつけると3時間、4時間当たり前です。

動きまわる虫でさえ、100%ちかくが、3脚使用、それも大きくて重たいやつです。

ほとんど2灯ですね。クリップオンとスレーブ、
とてもつき合っていられません(w)。

投稿: jkio | 2010年3月11日 (木) 10時14分

jkioさん、こんにちは

プロの方は、目的を達成する必要があるので、取り組み方が違うのでしょうね!
しかし、プロの方一緒と言うのは凄いですね。
質もですが、数の方の魅力も捨てられないので、適当なところで妥協しながら楽しんでます。
足場が良くない場所だと、三脚の重さが効果的なのは実感してますが、歩き回る都合があるので重いのは無理ですね。

投稿: そら | 2010年3月11日 (木) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●アミメクサカゲロウ :

« ●鳥さんを1枚 | トップページ | ●鳥さんを1枚 »