2022年9月28日 (水)

●シリアカハネナガウンカ

狐久保でタケクンさんが、何かを撮影していたので近くまで行ってみたら、指を差して「ハネナガウンカがいる」とのこと。残念ながら、葉の裏に回り込まれてしまいましたが、何とか撮ることができたのが今年初見のシリアカハネナガウンカでした。本当は、茎に止まっているところを撮りたかったんだけど、文句は言ってられませんね。コイツが撮れたので、今年のハネナガウンカの成績は、アヤヘリハネナガウンカ、アカハネナガウンカの3種類になりました。
暑さは収まってきましたが、虫の方も目にする種類と数が減ってきたように思います。さて、この先も初見の虫との出会いは大丈夫でしょうか?

シリアカハネナガウンカ Zoraida horishana (カメムシ目/ハネナガウンカ科)
Unka_22092401 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22092402 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22092403 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22092404 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月27日 (火)

●フタテンオエダシャクを再び

今年、舞岡公園で初めて見たときは、初見のシャクガ科の仲間だと思いましたが、調べて見たら2011年以来の出会いでした。今回は再掲示のなりますが、虫の写真の在庫が減ってきたのと、珍しく裏側も撮れたので載せておくことにしました。

フタテンオエダシャク Chiasmia defixaria (チョウ目/シャクガ科)
Shakuga_22090901 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Shakuga_22090902 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Shakuga_22090903 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Shakuga_22090904 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (2)

●アシブトコバチの仲間

やっぱりコバチを見付けると嬉しいですね、古民家の門の壁に止まっているのを見付けました。大きさは、翅の先まで約4.2mmと小さいですが、良く見ると結構良い造りをしているのが分かると思います。色がつや消しの黒なので、撮っても華やかさがないのが残念なところ。このアシブトコバチも、寄生バチの仲間ですが何に記載するのかまでは分かりません。
日曜日の稲刈りの影響が、昨日の虫撮りの後半になって出始め、虫撮りから帰る頃には太ももの後ろ側に痛みが・・・。情けないな~(^^;

アシブトコバチの仲間 Brachymeria sp. (ハチ目/アシブトコバチ科)
Kobachi_22092301 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kobachi_22092302 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kobachi_22092303 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月26日 (月)

●ヤマトシリアゲ

お馴染みのヤマトシリアゲは、今頃の時期のは褐色系の色になるそうな。何故か、オスの姿をほとんど見掛けないが気のせいだろうか。

ヤマトシリアゲ Panorpa japonica (シリアゲムシ目/シリアゲムシ科)
Shiriagemushi_22092301 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Shiriagemushi_22092302 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

●ヒカゲチョウ

ヒカゲチョウも、翅の痛みの少ない個体だと色は質素な感じがするがキレイなチョウだと思います。何とか取れそうな場所で近くまで寄ることができたので撮れたけど、なかなか良い感じには止まってくれない。
昨日は、田んぼの稲刈りの後居残りして虫撮りしたけど、ヤッパリ午後からだと虫との出会いも少ない。午前中から撮っていると分かりますが、昼食のために休憩を取った後は毎回収穫が減ります。もしかしたら、ご飯を食べたことで集中力が低下するのか、あるいは疲れが出てきて低下するのかな。
虫の方の成果は今一でしたが、稲刈りの休憩時間にはひろしさんに会って立ち話をしたし、午後からの虫撮りでも数名の方とお会いしました。最後は、案山子さんから「そらさん?」と声を掛けて頂き話をすることができました。

ヒカゲチョウ Lethe sicelis (チョウ目/タテハチョウ科)
Tatehacho_22092401 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tatehacho_22092402 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

●スキバツリアブ

初めて撮ったスキバツリアブ、全体の感じは頭が小さくて寸胴だし、何となく不格好に見える。もうチョット撮りたかったんだけど、近づくと逃げて行くのを繰り返した結果、私の方が根負けして悟るのを止めてしまいました(^^;。
もう少し、インパクトのある外観だったら、もっと粘って撮り続けたでしょうが、また会えそうな感じがしたので次回のお楽しみと言うことになりました。でも、本当に再会はあるのかな。

スキバツリアブ Villa limbata (ハエ目/ツリアブ科)
Abu_22091301 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Abu_22091302 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

●サトクダマキモドキ

ササキリに比較すると、幼虫の姿も見る機会が少ないし成虫も少ない。葉っぱと同じ色をしているので見付けにくいのと、居るのに気が付かないで側を通ると高い場所に飛んで行ってしまうことが多いからかも。チョット良い感じの姿をしていますが、良く見ると目つきが良くないのは、そう見えるだけなんだよね。ちなみに、最後の写真のみ地元の草原で撮影したものです。
今日は稲刈りの日、午後からになりますが初めてなので上手く刈ることができるだろうか。まあ、上手く枯れなくても、お米の味には関係ないはずだから、気にしなくても良いかな(^^)。

サトクダマキモドキ Holochlora japonica (バッタ目/キリギリス科)
Kudamakimodoki_22091801 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_22091802 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_22091803 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_22091803_20220923200601 撮影:2022.09.11, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | | コメント (0)

2022年9月24日 (土)

●カラスハエトリのメス

多分、ハエトリグモが好きな人だったら、絶対に好きになると思うカラスハエトリのメス。いつものように、カメラを向けると前を向いてしまうので、色々と手を出したりして撮影したけど、最後は近くにいた小さなクモに飛び掛かって捕食したあと、隙間に入り込んでしまいました。カラスハエトリのメスは、顔が可愛いだけでなく表の模様も綺麗なのが良いね。カラスハエトリのメスを撮ったのは、今年の1月に舞岡公園で撮って以来だから、久さしぶりだった。
今日はともかく、明日の日曜日は午後から田んぼで稲刈りがあるので、その前に虫撮りを楽しみたいと思っている。でも、お天気の方がどうなっているかが気になるなぁ。

カラスハエトリ(クモ目/ハエトリグモ科)
Haetorigumo_22091801 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22091802 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22091803 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22091804 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22091805 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

●シャクガ科の仲間たち

アオシャク2種のうち、ハガタツバメアオシャクは初めて撮りましたが、ヨツモンマエジロアオシャクは久しぶりの撮影になりました。アオシャクの仲間は、キレイののが多いのと似たのも多いので、撮影済みかと思っていると初撮りだったりするので、見付けたら撮るようにしています。
今日はカレンダーでは赤い日=祭日になっていますが、会社は休みではないので仕事をしています(しているフリかも知れませんが)。普通だと今日から3連休になるわけですが、天気の方が今一歩みたいで虫撮り日和ではなさそう。喜んだ良いのか、悪いのか良く分からない(^^)

ハガタツバメアオシャク(チョウ目/シャクガ科)
Aoshaku_22091301 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

ヨツモンマエジロアオシャク (チョウ目/シャクガ科)
Aoshaku_22091302撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

最初は撮影済みのユウマダラエダシャクかと思いましたが、見直した結果ここの記事を参考にヒメマダラエダシャクとなりました。

ヒメマダラエダシャク(チョウ目/シャクガ科)
Shakuga_22091801 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Shakuga_22091802 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年9月22日 (木)

●オオクモヘリカメムシの幼虫

葉の裏を覗いて最初に見付けたときは「何じゃ、これ」状態だってけど、良く見たら緑色の背中が見えて嬉しくなってしまった。撮りにくい場所だったので地べたに近い場所に移動してもらいましたが、ジッとしたままでは無かったが動き回るほどでも無く、それなりに写真撮影に協力してくれたのは良かった。大きさは、体長(触角を除く)約4.5mmほどでしたが、触覚の方が長いし太さもあるので、何か動きにくそうな感じです。
見付けたときには、何カメムシの幼虫かは分かりませんでしたが、特徴のある触覚の感じからヘリカメムシの仲間として検索した結果、思ったよりも簡単に正体が割れました。検索した結果から、この位の時期の幼虫の方が見た目がキレイで、丁度良いときに出会ったのだと分かりました。実は、何故か成虫もカメラの上に乗ってきたのですが、幼虫を撮るのに夢中になっていて、払いのけてしまいました。成虫の方も、過去に一回しか撮ったことが無かったので、邪険な扱いをしないで撮っておくべきでした(^^;

オオクモヘリカメムシ Anacanthocoris striicornis (カメムシ目/ヘリカメムシ科)
Kamemushi_22091801 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22091802 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22091803 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22091804 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22091805 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

«●またオオトリノフンダマシ(^^;