2018年6月22日 (金)

●ハチの仲間0605

どこかで見たことがある顔をしているのだけれど、調べてみたけれども見つからないで、科も分からないままです。こういう可愛い顔のハチは好きなので、科が分からないままなのはチョット残念です。多分、初めて撮ったハチだと思いますが(^^;。

ハチの仲間0605 (ハチ目/???科)Hachi_18061101撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hachi_18061102撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hachi_18061103撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hachi_18061104撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hachi_18061105撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

●今年初のベッコウハゴロモの幼虫

ベッコウハゴロモの幼虫を撮るのは、だいたい6月後半から7月中旬に掛けてが普通なのですが、今年は少し早めに撮ることが出来たようです。ただ、いつもよりも若齢の幼虫を見つけることが出来ただけかも知れませんが、見つけると撮りたくなってしまう虫の一つになってしまっています(^^)。でも、終齢幼虫に近い方が大きくて、おしりの飾りも立派なので、写真に撮るにはもう少し待った方が正解ですね。

ベッコウハゴロモ (カメムシ目/ハゴロモ科)Hagoromo_18061101撮影:2018.06.09, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hagoromo_18061102撮影:2018.06.09, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hagoromo_18061103撮影:2018.06.09, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hagoromo_18061104撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hagoromo_18061105<撮影:2018.06.09, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

●ヒロクチバエ科の仲間

ヒロクチバエを見つけて撮り始めたら、2匹いることに気が付きました。大きさが違っていたので雌雄だと思っていたら、最終的に交尾にいたりました。ヒロクチバエとはよく言ったもので、確かに面白形の口吻をしています。これが、もっとスッキリ撮れたら良かったのですが、葉の上のはえを撮るのは難しくて、こんなのしか撮れませんでしたね(^^;。

ヒロクチバエ科の仲間 (ハエ目/ヒロクチバエ科)Hirokuchibae_18061101撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hirokuchibae_18061102撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

上の2枚がメスで、コイツがオスです。 Hirokuchibae_18061103撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hirokuchibae_18061104撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hirokuchibae_18061105撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

●カギバアオシャク

久しぶりjに見つけた大きなサイズのアオシャクで、これは初撮りかと思って喜んだのですが、かえって確認してみたら2012年にマンションの廊下で一度撮影していました(^^;。でも、今回は自然の中にいる姿を撮ることが出来たのは良かったです。ヤッパリ、人工的な造形物の上にいるよりも、自然の中にいる方が似合いますから。

カギバアオシャク (チョウ目/シャクガ科)Shakkuga_18060401撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakkuga_18060402撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakkuga_18060403撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakkuga_18060404撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

●カノコガ

今の時期、カノコガがいたるところで見ることが出来ます。目立つ色合いなのと、ぶら下がって止まっていることが多いので、写真を撮るには最適か。今頃と、8月から9月に掛けて発生するそうですが、幼虫はまだ見たことがありません。検索してみたら、お馴染みのおちゃたてむしさんのところにカノコガの幼虫が掲載されていましたが、もしかしたら見たことがあるかも知れませんね(^^;。

カノコガ (チョウ目/カノコガ科)Kanokoga_18060401撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060402撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060403撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060404撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060405撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060406撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

●ヤブキリ

ササキリの幼虫は出てきて間もないですが、ヤブキリの方はスッカリ大きくなってきました。大きくなるにつれて、姿を見ることが少なくなりますが、それは草や葉の中に忍び込んでしまうからですね。

今年は、5月に引っ越しがあったりして、ブログが5月18日で10年目に入ったことをスッカリ忘れていました。まあ、最近は継続することが目的みたいになっていますが、自然を撮り続けて掲載するのも暇つぶしには十分ですね(^^)。
フォトの方も、半年ぶりに写真を追加することが出来て、ようやく掲載種数が1,900を超えることが出来ました。1,800種までは、概ね1年で増加してきましたが、1,900種には2年ほど掛かりました。この状況だと、当初の目標の2,000種には、あと何年かかるでしょうね(^^;。

ヤブキリ (バッタ目/キリギリス科)Yabukiri_18060401撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yabukiri_18060402撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yabukiri_18060403撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yabukiri_18060404撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yabukiri_18060405撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

●エサキモンキツノカメムシ

エサキモンキツノカメムシの交尾は、ちょっと前に良く見られた光景で、最近では卵を抱えたメスの姿を見るようになったようです。背中の黄色がトレードマークのカメムシですが、確かに写真写りは良い方だと思います。梅雨に入っているので、今日も午前中は雨模様で虫撮りは無理でしょうね。

エサキモンキツノカメムシ (カメムシ目/ツノカメムシ科)Kamemushi_18060431撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_18060432撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_18060433撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_18060434撮影:2018.05.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_18060435撮影:2018.05.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

●ツマジロカメムシ

この方向からしか撮れませんでしたが、ツマジロカメムシは初めて撮りました。初めてだと分かっていたら、もっとシッカリ撮っておいたのですが。まあ、それほど珍しい種では内容なので、また会うこともあるでしょうが。

ツマジロカメムシ (カメムシ目/カメムシ科)Kamemushi_18060421撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_18060422撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●クダアザミウマ科の仲間0602

虫撮りの帰りに、階段の壁にいるのを見つけたクダアザミウマ科の仲間で、体長が約5.5mmと良く見掛けるクダアザミウマ科の仲間よりは少し大きい。しかも、前脚が異常に太くなっていて、この大きさでは初めて見ました。と言うことで、初めての種だとは思いますが、まだ未確認です(^^;。でも、なかなか格好良い前脚をしていますね。

クダアザミウマ科の仲間0602 (アザミウマ目/クダアザミウマ科)Kudaazamiuma_18060401撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudaazamiuma_18060402撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudaazamiuma_18060403撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

●アシナガムシヒキ

草の茎に止まっている虫は、写真に撮るには良い環境ですが、風があるとゆらゆらと揺れてしまって撮りにくい環境でもあります。今回のは、交尾中でつながったままのアシナガムシヒキで、下にぶら下がっている方がオスなのでしょうね。それにしても、本当に丈夫な交尾器のようで、ちょっとやそっとでは外れないで飛んでいきますね(^^)。

アシナガムシヒキ (ハエ目/ムシヒキアブ科)Mushihiki_18060401撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushihiki_18060402撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushihiki_18060403撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushihiki_18060404撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushihiki_18060405撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

«●モンキアゲハの幼虫