2023年2月 9日 (木)

●ホソガ科の仲間10

アオキの葉をめくったら、久しぶりにでてきたホソガ科の仲間。初めて見るヤツかと思ったら、近所では前に撮っていましたが舞岡公園では初見の蛾となりました。
ホソガ科の仲間には、なかなか魅力的な色の個体が居るのですが、今回のは地味な感じの色合いの蛾でした。
2月に入って成果がどんどん減っているので、この辺で何か手を打ちたいところですが、残っているのはシャカシャカしかないので困りましたね(^^;。
もう少し大きいかと思ったけど、大きさは翅の先端まで約5.0mmほど。

ホソガ科の仲間10 (チョウ目/ホソガ科)
Hosoga_23013001 撮影:2023.01.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hosoga_23013002 撮影:2023.01.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hosoga_23013003 撮影:2023.01.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hosoga_23013004 撮影:2023.01.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hosoga_23013005 撮影:2023.01.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2023年2月 8日 (水)

●チャタテムシを襲うテングダニの仲間(児童遊園地)

児童遊園地でヤツデの枯れ葉をこじ開けてみたら、お馴染みチャタテムシの幼虫がテングダニに襲われていました。
幼虫は既にお亡くなりになっていたのか、テングダニにあちこち刺されても身動きをすることはありませんでした。
こうなると、テングダニに好き放題されていましたが、効率よく体液を吸い取るのであれば、頭からと言う手は無いと思います。
最初に、お尻を刺された時点で、かなりのダメージを受けるのか、直ぐに逃げても良さそうな気もするのです。
昨日の児童遊園地は完敗で、フユシャクのメスの姿を拝むことは無く、既にフユシャクのメスのシーズンが終わったと言う感じでした(^^;。
ただ、その代わりになる虫がいないので、今月の虫撮りは厳しい状況が続きそうな感じです。

テングダニの仲間(ダニ目/テングダニ科)
Dani_23013001 撮影:2023.01.22, 横浜市南区児童遊園地

Dani_23013002 撮影:2023.01.22, 横浜市南区児童遊園地

Dani_23013003 撮影:2023.01.22, 横浜市南区児童遊園地

Dani_23013004 撮影:2023.01.22, 横浜市南区児童遊園地

Dani_23013005 撮影:2023.01.22, 横浜市南区児童遊園地

| | | コメント (0)

2023年2月 7日 (火)

●ナガコバチ科の仲間02(児童遊園地)

ここに来て、フユシャクのメスが多いことが分かり、私の中では児童遊園地が見直されています。
ただし、他の虫に関しては多い感じがしませんでしたが、何時もの癖で何の気なしにめくった葉の裏で、私のお気に入りのナガコバチの仲間を見つけることが出来ました。
昨年末に舞岡公園でも出会っていますが、その時はカメラの設定ミスで撮影を失敗しているので、今回の再会は実にラッキーでした。
いつみても、良い色をしているし顔も可愛いので、見つけたら絶対に撮ります!。
大きさは、体長約3.0mm(翅の先端まで約3.0mm)ほど。
昨日の舞岡公園は、過去最低の撮影を記録することになってしまいましたが、代わりに虫の数より多くの方とお会いして話をすることも出来たので、なかなか楽しい一日を過ごすことが出来ました(^^)。
今日は、その児童遊園地にフユシャクを探しに行ってみることにしています。どうも、舞岡公園では「私とフユシャクの相性」が良く無さそうなので。

ナガコバチ科の仲間02 Neanastaus albitarsis (ハチ目/ナガコバチ科)
Kobachi_23013001 撮影:2023.01.21, 横浜市南区児童遊園地

Kobachi_23013002 撮影:2023.01.21, 横浜市南区児童遊園地

Kobachi_23013003 撮影:2023.01.21, 横浜市南区児童遊園地

Kobachi_23013004 撮影:2023.01.21, 横浜市南区児童遊園地

Kobachi_23013005 撮影:2023.01.21, 横浜市南区児童遊園地

Kobachi_23013006 撮影:2023.01.21, 横浜市南区児童遊園地

| | | コメント (0)

2023年2月 6日 (月)

●顔の真っ黒なチャタテムシ(ニセケチャタテ科)の仲間

ヤツデの枯れ葉の中を探してたら、小さいのがチョロチョロしていて、良く見たら初めて見入るチャタテムシでした。
顔が真っ黒けで翅にもマダラ模様が入っていますが、調べて見た結果は似た写真を1枚見つけましたが、科までは分かりませんでした。
な横からの写真が撮れていないので、翅脈が分かりにくいのですが、ごく普通にいるチャタテムシでは無いかと思います。ジッとしている時間が短くて良い写真が撮れていませんが、もう少し翅脈が分かる写真を撮りたいものです。
大きさは、翅の先端まで約3.0mmほど。
昨日の舞岡公園は、田んぼの作業があったのと休養のためにカメラを持って行きませんでした。一昨日、夕方に近所をチョットだけ偵察してきましたが、ようやくナミスジフユシャクのメスを1匹だけ確認できました。(^^; 。

2月7日追記
Psocodeaさんから「ニセケチャタテ科の Ophiodopelma glyptocephalum です」とのコメントを頂き、ニセケチャタテ科と分かりましたので、タイトルと記事の訂正を行いました。
Psocodeaさん、ありがとうございます。

チャタテムシの仲間 (チャタテムシ目/ニセケチャタテ科
Chatatemushi_23013001 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Chatatemushi_23013002 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Chatatemushi_23013003 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Chatatemushi_23013004 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (2)

2023年2月 5日 (日)

●枯れ葉の中のクロスズメバチ

ヤツデの葉の裏を探して出てきたのは、羽の見えない胴体だけに見えるクロスズメバチ。
写真撮っていて、微かに動いているのは確認でたので、お亡くなりになっていなかったよう。
全体の雰囲気から、どうやらクロスズメバチのメスが越冬していたみたいで、このまま暖かくなるまで待って春になったら活動を開始するんでしょう。翅は、横から見たら体の下に畳んでいたようで、エネルギーロスを最小限にするための工夫だったのかも知れません。
ここに来て、「虫撮りの成果が激減している」と嘆いていたのですが、昨日の舞岡公園では「樹皮めくり」を追加して実行した結果、まあまあの成果がありました。ただ、葉めくりと違って樹皮めくりは1回限りなのが欠点ですね(^^;。
今日は、今年初めての田んぼの作業が午後からありますが、昨日の成果を評価して午前中の虫撮りは止めにしました(^^;。

クロスズメバチ(ハチ目/スズメバチ科)
Suzumebachi_23013001 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Suzumebachi_23013002 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Suzumebachi_23013003 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Suzumebachi_23013004 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Suzumebachi_23013005 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2023年2月 4日 (土)

●クロズヤマトクサカゲロウの幼虫

幼虫は初めて見ましたが、成虫の方は普通のクサカゲロウと同じ外観をしているので、ぱっと見だと直ぐには区別が付かないでしょうね。
どうも、チャタテムシの卵を狙っていたようですが、私が撮影していることに気が付いたのか、途中で諦めてしまったみたいです。
となると、何か悪いことをしてしまったように思いますが、こちらにもネタの確保と言う作業があるので申し訳ないです(^^;あっという間に、アッという間に週末が来てしまい、今日もまた舞岡公園に出陣予定ですが、最近は成果が激減しているので参りましたねぇ。
かと言って、出掛けなければネタが減るだけで増えることはないので、散歩も兼ねて出掛けて行くことになるのでした。

クロズヤマトクサカゲロウ(アミメクサカゲロウ目/クサカゲロウ科)
Kusakagerou_23013001 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusakagerou_23013002 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusakagerou_23013003 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusakagerou_23013004 撮影:2023.01.21, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2023年2月 3日 (金)

●一応タシギとヤマシギも撮ってみた!

折角、舞岡公園に来ていてるのだから、野鳥撮影の人が少なかった日に確認したら、姿を確認できたので撮影してみました。
もちろん、野鳥用のレンズは持って来ていないので、いつもの虫用のレンズを使用して撮って大きくトリミングして切り出したものです。
取り敢えず、鳥さんが写っているのが確認できるレベルには撮れたので、証拠写真としては十分に機能するでしょう(^^;。
双眼鏡を持ってないので、ヤマシギは何処にいるのか見つけるのが大変でしたが、何とか目視できる距離にいたので助かりました。
しかし、鳥も撮ってみると良く分かりますが、鳥撮りの皆さんも大変ですね(^^)。

タシギ Gallinago gallinago (チドリ目/シギ科)
Tashigi_23012301 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

ヤマシギ Scolopax rusticola ((チドリ目/シギ科)
Yamashigi_23012301 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

●ホソハネコバチ科の仲間

これはホソハネコバチ科の仲間で合っていますが、ホソハネコバチと言うと羽根の周囲に毛が生えている小さなハチのイメージがあります。
残念ながら、そのイメージ通りのコバチには、まだお目に掛かっていないので、何とか一度は撮ってみたいものです。
ただ、その手のコバチは今回のコバチよりも、更に小さいことが多いので、見つけるのも撮るのも大変らしいですね(^^;。
今回の大きさは、体長約1.2mm(翅の先端まで約1.8mm)ほど。
さて、明日は土曜日になるので舞岡公園に出陣予定ですが、もう少し何とかしたいものですね!

ホソハネコバチ科の仲間(ハチ目/ホソハネコバチ科)
Kobachi_23012821 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kobachi_23012822 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2023年2月 2日 (木)

●越冬中のエサキモンキツノカメムシ

今回はの中から出てきたのは、越冬中のエサキモンキツノカメムシ。こちらは、越冬色ではなく普通のエサキモンキツノカメムシの色をしている感じがします。
同じカメムシの仲間でも、状況に応じて体色が変わる種と普通のままの種がいるようですが、越冬色になった方が有利な気がします。
1月も、アッと言う間の終わってしまいましたが、取り敢えず1月の虫の多くは撮ることが出来たような感じもしますが、やっぱり何年か前に比較すると種類が少ない気がします。
1月は何とかなりましたが、さて2月を乗り切ることが出来るだけの種類の虫を、この先も無事撮ることが出来るのでしょうか(^^;。

エサキモンキツノカメムシ(カメムシ目/ツノカメムシ科)
Kamemushi_23012811 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_23012812 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_23012813 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_23012814 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_23012815 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2023年2月 1日 (水)

●ミツクリタマゴクロバチ

タマゴクロバチ亜科の仲間としては、比較的大きい方と思われるのが、今回のミツクリタマゴクロバチになります。眼が大きくて、なかなか可愛い顔をしています(^^)。
まあ、黒くて似たような形のコバチが多いので、外観を見て直ぐに名前が分かるのは少ないのでしょう。
なお、昔はタマゴクロバチ科と言うのに別れていたそうですが、現在はハラビロクロバチ科の中にハラビロクロバチ亜科タマゴクロバチ亜科が存在する形になっています。なので、古い情報だとタマゴクロバチ科のままになっているのが多いように思います。
大きさは、体長約2.0mm(翅の先端まで約2.5mm)ほど
昨日は、ちらでフユシャクの情報を得たので再び出掛けてみたら、フユシャク意外に情報源にお会いすることができました(^^)。
でもって、フユシャクの方は何とか3種類ほど撮ることができましたが、それ以外の虫の撮影は無しとい久しぶりの結果になりました(^^;。今今日の出会いは、虫3種とカメラマン1人にモズでしたが、その分は中身が濃かったかな(^^;

ミツクリタマゴクロバチ Trissolcus mitsukurii (ハチ目/ハラビロクロバチ科)
Kobachi_23012811 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kobachi_23012812 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kobachi_23012813 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kobachi_23012814 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

 Kobachi_23012815 撮影:2023.01.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (2)

«●越冬中のオオツノカメムシ