2020年8月11日 (火)

●正体不明のコバチの仲間

何となく見たことある雰囲気を持っているんだけど、調べてみても科が分からない。アシブトコバチに雰囲気が似ているが、コイツは脚も太くないし顔の形もチョット違う。さて、何科のコバチなのでしょうね。

コバチの仲間 (ハチ目/???科)
Kobachi_20080401 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_20080402 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_20080403 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

●セモンジンガサハムシの幼虫

サクラの葉の裏で見つけたセモンジンガサハムシの幼虫、背中の上に載せているのが自分の脱皮殻だとすると4齢の幼虫と言うことでしょうか。昨日も、一昨日に続き暑い一日でしたね。

セモンジンガサハムシ Cassida versicolor (コウチュウ目/ハムシ科)
Hamushi_20080401 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hamushi_20080402 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hamushi_20080403 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hamushi_20080404 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hamushi_20080405 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

●ヤドリバエ科の仲間

クズの葉の上で休んでいたハエでしたが、顔かたちからヤドリバエ科の仲間と言うところまでは何とか分かりました。あと、帰ってきてから写真を見ながら気が付いたのですが、羽化してから時間が経過してなかったから逃げもせず写真を撮らせてくれたようです。もう少し時間が経って色がシッカリしてきたら、ヤドリバエ科から先に進んでいたのかも知れませんが。

ヤドリバエ科の仲間 (ハエ目/ヤドリバエ科)
Yadoribaeka_20080401 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yadoribaeka_20080402 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yadoribaeka_20080403 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yadoribaeka_20080404 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yadoribaeka_20080405 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

●スカシカギバ

マンションの廊下に止まっていたスカシカギバですが、翅が痛んでしまっていたのが残念でした。こう言う、普通の種と異なる姿形をしている虫は、撮っていても楽しくなる存在なので貴重です。

スカシカギバ Macrauzata maxima(チョウ目/カギバ ガ科)
Kagibaga_20080401 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kagibaga_20080402 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kagibaga_20080403 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kagibaga_20080404 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●アカクビナガハムシとキイロクビナガハムシ

最初は、どちらもアカクビナガハムシだと思っていたのですが、並べてじっくり見てみたら異なる種だと言うことに気が付きました。
こんなことなら、キイロクビナガハムシの方もシッカリ撮っておくんだったと思った次第です。
昨日は今年に入って一番の暑さになったようで、朝から南風が吹き込んでいたので虫撮りには出掛けませんでしたが、虫撮りも命がけになってしまいそうです(^^;。

アカクビナガハムシ (コウチュウ目/ハムシ科)
Hamushi_20072501 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

キイロクビナガハムシ (コウチュウ目/ハムシ科)
Hamushi_20072511 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

●ヒラタアシバエ科の仲間1

久しぶりに撮りましたが、薄暗い所にいるし小さいしで撮りにくいハエです。最初の2枚と後の2枚の種が、雌雄なのか別の種なのかは定かではありません。

ヒラタアシバエ科の仲間1 (ハエ目/ヒラタアシバエ科)
Hae_20080401 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hae_20080402 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hae_20080403 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hae_20080404 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●アオバハゴロモの幼虫

アリとアブラムシと蚊を除くと、アオバハゴロモが圧倒的に数が多いように思います。ただ、幼虫はロウ物質を纏っているので真っ白けで写真を撮っても面白みが無いのが欠点です。同じハゴロモでも、ベッコウハゴロモ(別の科ですが)の幼虫だったら面白みがあるのですが、数が少ないのが欠点ですね。
梅雨が明けて夏本番になって猛暑日が出るようになりましたが、そうなったら虫の数が減って夏枯れが始まってしまったようです。

アオバハゴロモ Geisha distinctissima (カメムシ目/アオバハゴロモ科)
Hagoromo_20080401 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

●ニセヒメクモヘリカメムシの幼虫

初めて見たニセヒメクモヘリカメムシの幼虫ですが、カメムシの幼虫はいつ見ても成虫に比較して面白い外観をしたものが多いと思います。
細い竹(花が咲いている)にいたもので、口吻を竹に差して液体を吸い取っていました。同じ場所に成虫もいましたが、被写体としては幼虫の方が圧倒的に面白いですね。

ニセヒメクモヘリカメムシ Paraplesius vulgaris (カメムシ目/ホソヘリカメムシ科)
Kamemushi_20080401 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20080402 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20080403 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20080404 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20080405 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20080406 撮影:2020.07.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

●クダアザミウマ科の仲間

クダアザミウマの仲間も久しぶりに撮影でしたが、どちらかと言うと冬場の方が馴染みがあるような気がします(^^)。

クダアザミウマ科の仲間 (アザミウマ目/クダアザミウマ科)
Azamiuma_20072501 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Azamiuma_20072502 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Azamiuma_20072503 撮影:2020.07.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●ホオズキカメムシ

撮って楽しい色をしていないので、久しぶりに撮影したホオズキカメムシです。撮影したホオズキカメムシですが、確かにもやっとした色合いで特徴が無いですね(^^;

ホオズキカメムシ Acanthocoris sordidus (カメムシ目/ヘリカメムシ科)
Kamemushi_20072511 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20072512 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

«●ナナフシモドキ