2018年12月12日 (水)

●カタビロトゲハムシ

お馴染みのキベリトゲハムシにしては色が黒いと思いましたが、折角見つけたので撮っておくことにしました。帰ってから、念のために詳しく調べてみたら、キベリトゲハムシではなくカタビロトゲハムシだと言うことに気が付いた次第です(^^;。これまで、この地にはキベリトゲハムシしかいないものだ確信していましたが、見事に裏切られて嬉しかったです

カタビロトゲハムシ (コウチュ目/ハムシ科)
Hamushi_18112701撮影:2018.11.26, 横浜市港南区芹が谷周

Hamushi_18112702撮影:2018.11.26, 横浜市港南区芹が谷周

Hamushi_18112703撮影:2018.11.26, 横浜市港南区芹が谷周

Hamushi_18112704撮影:2018.11.26, 横浜市港南区芹が谷周

Hamushi_18112705撮影:2018.11.26, 横浜市港南区芹が谷周

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

●ベッコウハゴロモが、なぜ今頃?

いや~、冷え込んで本格的に冬が気が感じがしてきましたが、考えてみたら今年も残り3週間になってますね(^^)。
このベッコウハゴロモの幼虫を撮影した12月4日は、気温が非常に高かった日なのですが、それにしても今頃なんで幼虫がいるの?、と驚きました。見つけたのは1匹だけでしたが、この大きさの幼虫と言うことは、だいぶ前に孵化していたと言うことでしょう。さて、その後寒さがやって来てしまいましたが、無事成虫になれたでしょうか。

ベッコウハゴロモ (カメムシ目/ハゴロモ科)
Hagoromo_18121001撮影:2018.12.04, 横浜市港南区芹が谷周

Hagoromo_18121002撮影:2018.12.04, 横浜市港南区芹が谷周

Hagoromo_18121003撮影:2018.12.04, 横浜市港南区芹が谷周

Hagoromo_18121004撮影:2018.12.04, 横浜市港南区芹が谷周

Hagoromo_18121005撮影:2018.12.04, 横浜市港南区芹が谷周

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

●ヒメコバチ科の仲間1124

急に寒くなりましたが、こうなってくるとコバチの季節が到来と言うことになるのかな。柑橘系の葉の裏には、お馴染みのコバチが見られるようになってきていますが、目新しいコバチを今年も見ることができるでしょうか。

ヒメコバチ科の仲間1124 (ハチ目/ヒメコバチ科)
Himekobachi_18112701撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Himekobachi_18112702撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●ヒメコバチ科の仲間13

こちらのコバチもお馴染みさんですが、似たようなのが多いようなので、どこまでが同じ種なのか分かりにくいですね。

ヒメコバチ科の仲間13 (ハチ目/ヒメコバチ科)
Himekobachi_18112711撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Himekobachi_18112712撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

●クスグンバイ

クスノキの葉の裏にいたのは、クスグンバイの幼虫でした。特定の部位の葉に集中的に群がっていて、探してみたら既に成虫になっている個体もいました。
火曜日は各地で気温が上がり、夏日になった地域も結構あったようですね。冬場の気温が高いというのは、虫たちにとっては越冬が楽になるのかも知れませんが、植物の発生状況が狂ったりすると、とんでもない影響を受けることになるのでしょうね(^^;。

クスグンバイ (カメムシ目/グンバイムシ科)Kusugunbai_18112701撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

Kusugunbai_18112702撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

Kusugunbai_18112703撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

Kusugunbai_18112704撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

Kusugunbai_18112705撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

●トビコバチ科の仲間1124

ヤツデに葉の裏で見つけたメタリックがキレイなトビコバチ科の仲間でしたが、上からのカットし科撮ることができませんでした。雰囲気は、ニジモントビコバチに似ていますが、大きさがさらに小さかったです。初めてだったので、もう少し撮らせてもらいたかったのですが、早々に逃げられてしまいましたね。

トビコバチ科の仲間1124 (ハチ目/トビコバチ科)
Tobikobachi_18112701撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●ツヤコバチ科の仲間1

お馴染みのツヤコバチ科の仲間ですが、この日は珍しくジッとしている個体がいたので久し振りに撮りました。ツヤコバチ科の仲間は、皆小さいのが多いので撮るのに苦労しますね

ツヤコバチ科の仲間1 (ハチ目/ツヤコバチ科)Tsuyakobachi_18112701撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyakobachi_18112702撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

●カモドキサシガメの仲間01

昨日から12月になっていて、だいぶ寒くなってきましたね。
ヤツデの葉の裏をひっくり返したら、久し振りにカモドキサシガメが出てきました。見た目はイトカメムシに似ていますが、前脚が釜のようになっているので、こちらの方が格好いいです。数が非常に少ないような気がしますが、こうやって時々見つかると言うことは、どこかにまとまった数がいると言うことなのでしょう。

カモドキサシガメの仲間01 (カメムシ目/サシガメ科)
Sashigame_18112701撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Sashigame_18112702撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Sashigame_18112703撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Sashigame_18112704撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Sashigame_18112705撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年11月30日 (金)

●お馴染みさん

今日で11月も終わりで、明日からは12月になり今年も残り一月になってしまいました。すっかり虫の姿も少なくなってしまいましたが、それは夏と秋の虫であって、冬場の虫が少しずつですが見られるようになってきましたね。
お馴染みさんのアオバハゴロモも、結構遅くまで生き残っている個体もいるようですね。もう一つのお馴染みさんは、これからが本番のクロスジホソサジヨコバイの幼虫です。大きさも手頃なのですが、色の濃い方が写真に撮るには適していますね。

クロスジホソサジヨコバイの幼虫 (カメムシ目/ヨコバイ科)
Yokobai_18112001撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yokobai_18112002撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

まだいたアオバハゴロモ (カメムシ目/アオバハゴロモ科)
Aobahagoromo_18112001撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年11月28日 (水)

●ナカオビキリガ

壁のくぼみに隠れるように止まっていたのは、ヤガ科のナカオビキリガでした。ヤガ科の仲間には、似た感じのものが多くいるので、これも最初はヨトウガかと思っていましたが、翅の赤の部分が気になったので調べてナカオビキリガだと分かりました。初めてのナカオビキリガになりました。

ナカオビキリガ (チョウ目/ヤガ科)
Yaga_18112001撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yaga_18112002撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yaga_18112003撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yaga_18112004撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

«●コナジラミの仲間1117